ミュージカル回想録『HUNDRED DAYS』 のチケット情報

ミュージカル回想録『HUNDRED DAYS』 のチケット情報ページです。日程、会場情報や料金を確認し、チケットの簡単オンライン予約・購入ができます。

ミュージカル回想録『HUNDRED DAYS』 

叩きのめされるような最初の一音から物悲しい最後の嘆きまで、その全てに息を飲む!
最高のエネルギーと興奮を与えてくれるサイケデリックなフォーク・パンク・ロックミュージカルが、2020年日本初上陸!

これは100日を100年のように生きようとした二人の男女の回想録。

どんなに元気そうに見えても、どんなに愛してやまなくても、一度も喧嘩なんてしたことが
なくたって、いつか平等に訪れる別れがある。
それは選んだものかも知れないし、偶然かも知れない。
でも抗うことができないその事実の前に、この二人はただ悩んで立ちすくむだけではなかった。
もしあと100日しか生きることができないとして、愛する人との残った時間を100年のように
生きるために、あなたなら何ができるだろうか?

『ヘドウィグ・アンド・アングリー・インチ』を彷彿とさせる、
ロックコンサートのような音楽と言葉の洪水

本作はシンプルなセットと、まさに6人編成のロックバンドがライブハウスでコンサートを行うような形式で劇が進行していく。
それはかの名作『ヘドウィグ・アンド・アングリー・インチ』を思い浮かべていただければピンとくるはず。
そして冒頭から畳み掛けるようなリズムと音の洪水の中で、「他人を愛して生き抜く」ことについてのあらゆる思索を旋律に載せて投げかけてくる。
そう、これは死に関するお話ではない。他人と人生を歩むこと=「愛」についての寓話だ。

LOVE SONGSで紡がれる物語
『Hundred Days』はアビゲイルとショーンの二人が出会って夫婦になり現在に至るまでを様々な角度のLOVE SONGで紡ぎながら回想していく形式を取っている。
シンガーソングライターとしても活動している藤岡正明が自らギターを握ってベンソンズというバンドを率いるリーダー、ショーンに扮する。
伸びやかな歌声と可憐なイメージの木村花代は自身初となるロック・ミュージカルのヒロイン、アビゲイルとして力強くも奔放な女性役に挑む。
そしてこの物語の日本語版を紡ぐのは『いつか〜one fine day』『FACTORY GIRLS ~私が描く物語~』で脚本家としても活躍を見せる演出家・板垣恭一。日本語の響きの美しさをしっかりと歌詞に反映し客席に届ける力がこの回想録に想像力を与える。
またその音楽を支えるのは『いつか〜one fine day』で読売演劇大賞2019上半期スタッフ賞にノミネートされた桑原まこ。楽曲への繊細なアプローチに定評のある桑原の劇に寄り添う演奏にも注目だ。

ご注意

  • 公演内容は予告なく変更する場合があります。お申し込みの前にいま一度内容をご確認ください。
  • 受付状況はリアルタイムに反映されない場合があります。
  • 公演期間は最も早い日付と最も遅い日付を表示しています。期間内毎日公演があるという意味ではありません。