三浦一馬×松本和将のチケット情報

三浦一馬×松本和将のチケット情報ページです。日程、会場情報や料金を確認し、チケットの簡単オンライン予約・購入ができます。

三浦一馬×松本和将

タンゴ界の若きスター、三浦一馬が風のホールに初登場!

10歳で小松亮太のもとでバンドネオンを始め、世界最高峰のプレーヤー、ネストル・マルコーニに師事した三浦は、10代で挑んだ第33回国際ピアソラ・コンクール(2008年10月イタリアで開催)において、日本人初史上最年少で準優勝。アルゲリッチやバシュメットら世界的音楽家との共演を重ね、2012年にはマルコーニとの師弟競演も話題になりました。2017年には自ら率いる室内オーケストラ、「東京グランド・ソロイスツ」を結成。レパートリーはバッハから現代曲まで幅広く、既成の概念にとらわれずにバンドネオンの新境地を意欲的に開拓する姿勢も高く評価され、2014年度には出光音楽賞を受賞しました。恩師マルコーニより譲り受けた銘器で奏でられる三浦の演奏はクラシカルで端正な表情を見せる時もあれば、美しく官能的な表情を見せるなど、人間の喜怒哀楽をストレートに描くこともあり、幅広い世代の聴衆の心を掴んでいます。
共演者は、19歳で1998年第67回日本音楽コンクール優勝、2001年ブゾーニ国際ピアノコンクール(イタリア)第4位、2003年世界三大コンクールの一つエリザベート王妃国際音楽コンクール(ベルギー)第5位入賞の名手、松本和将。確かなテクニックと柔軟かつ自由な感性で奏でられる繊細かつダイナミックな松本のピアノと、三浦のバンドネオンとの絡みにぜひご注目を!
今回は、三浦が敬愛する二人の作曲家̶クラシックやジャズなどを取り入れて斬新なタンゴのスタイルを確立したピアソラと、ジャズとクラシックの融合を目指したガーシュウィン̶を中心としたプログラムを披露!どうぞご期待ください。

公益財団法人三鷹市スポーツと文化財団ウェブサイト

スマチケ

スマホから申し込むと「スマチケ」受取りが可能です。

この公演は「スマチケ」受取り可能です。

ご注意

  • 公演内容は予告なく変更する場合があります。お申し込みの前にいま一度内容をご確認ください。
  • 受付状況はリアルタイムに反映されない場合があります。
  • 公演期間は最も早い日付と最も遅い日付を表示しています。期間内毎日公演があるという意味ではありません。