アジアのイメージ:日本美術の「東洋憧憬」のチケット情報

アジアのイメージ:日本美術の「東洋憧憬」のチケット情報ページです。日程、会場情報や料金を確認し、チケットの簡単オンライン予約・購入ができます。

アジアのイメージ:日本美術の「東洋憧憬」

1910~60年頃、日本の知識人、美術愛好家や作家たちがアジアの古典美術に憧れた時期がありました。唐物趣味は日本の伝統だとはいえ、この時のアジア熱は別格でした。朝鮮半島や中国から考古遺物や古美術が日本に輸入されると、それらは競うように蒐集され、息を呑むような伝世品(殷の青銅器、唐三彩・明の赤絵、籐籠、李朝白磁など)が輸入されました。それらを目の当たりにした画家と工芸家たちは、創造の翼をアジアへと羽ばたかせます。さらに画家たちは、大同で雲岡石仏を見て、飛鳥仏との繋がりに想いを馳せました。流行のチャイナドレスにも目を留め、アジアの新しい息吹も掬(すく)いとりました。
 アジアへの憧れは、1960年頃に表舞台からフェードアウトしますが、その後どのように深化されているのでしょうか。3人の現代作家に表現していただきました。

東京都庭園美術館館長 樋田豊次郎

スマチケ

スマホから申し込むと「スマチケ」受取りが可能です。

この公演は「スマチケ」受取り可能です。

ご注意

  • 公演内容は予告なく変更する場合があります。お申し込みの前にいま一度内容をご確認ください。
  • 受付状況はリアルタイムに反映されない場合があります。
  • 公演期間は最も早い日付と最も遅い日付を表示しています。期間内毎日公演があるという意味ではありません。