ゾンビ屋敷 墓場からの脱出 in イオンモール名古屋茶屋のチケット情報

ゾンビ屋敷 墓場からの脱出 in イオンモール名古屋茶屋のチケット情報ページです。日程、会場情報や料金を確認し、チケットの簡単オンライン予約・購入ができます。

ゾンビ屋敷 墓場からの脱出 in イオンモール名古屋茶屋

この夏イオンモール名古屋茶屋にゾンビ屋敷が登場します。

ゾンビが徘徊するお化け屋敷、墓場に入れないゾンビたちが、
うごめく中を迷わず脱出することができるか。
ゾンビの動きを止めることができる新兵器、ゾンバリアを駆使、
またゾンビを回避することができるアイテムをゲットできるか。
ドキドキハラハラのお化け屋敷アトラクション。

あなたは、この墓場から無事に脱出することができるかな?

ゾンビ屋敷 ~墓場からの脱出~ ストーリー
20XX年、ゾンビウイルスの世界的流行『ゾンビパニック』により人類の約5分の1が死滅、ゾンビ化した。それだけ多くの人間が短期間に亡くなると、当然墓は不足する。結果、あちこちに大小様々な墓地が作られることになった。テーマパークの跡地を利用して作られた巨大な霊園、雑居ビル1棟がそのまま墓地になっているところもあった。

ゾンビウイルスに感染した人間は、死亡して土の中に埋められていても、外的要因によって動き出すことがある。それは有害物質を含んだ雨のせいなのか、埋葬された土地の土壌に関係するのか、はっきりとした理由は分からない。「夜の墓地にはお化けが出る」今は昼夜関係なくお化けより怖いゾンビが出るのだ。

ゾンビに対抗するこれといった手段はない。ゾンビを恐れ、逃げ回っているのにも限界がある。そこで政府がゾンビ研究所と共同開発した機械がゾンバリアである。スイッチを押すとゾンバリアから放出された特殊な電波がゾンビウイルスを抑制し、ゾンビが一定時間動かなくなる。ただし生産が追いつかず、まだ特別な場所に僅かに置かれているだけであった。

特別な場所の一つがD墓地である。ゾンビパニック後に作られたD墓地は、構造上迷路のような作りになっていた。D墓地に墓参りに来た人が、迷ったあげくゾンビに襲われ、今はその墓に埋まっているという笑えない話が度々起こっていた。さすがにこの状況下で墓参りに行く人間は少なくなったが、墓参り以外にも墓地に用のある人間はいる。そんな人のためのゾンバリアである。
D墓地の危なさを知ってか知らずか、今日も何人かの人たちがやってきた。ゾンバリアの説明を聞きながら、まるで遊園地のアトラクションかのようにテンションが上がっている若者もいる。

昨日はD墓地に嫌な雨が降った。
ゾンビが目を覚まさなければいいのだが。

ゾンビ屋敷墓場からの脱出

スマチケ

スマホから申し込むと「スマチケ」受取りが可能です。

この公演は「スマチケ」受取り可能です。

ご注意

  • 公演内容は予告なく変更する場合があります。お申し込みの前にいま一度内容をご確認ください。
  • 受付状況はリアルタイムに反映されない場合があります。
  • 公演期間は最も早い日付と最も遅い日付を表示しています。期間内毎日公演があるという意味ではありません。