能を知る会 鎌倉公演 1月25日 昼の部「野守」 のチケット情報(神奈川県)

神奈川県の鎌倉能舞台で行われる能を知る会 鎌倉公演 1月25日 昼の部「野守」 のチケット情報ページです。日程、会場情報や料金を確認し、能を知る会 鎌倉公演 1月25日 昼の部「野守」 のチケットを簡単にオンライン予約・購入できます。

能を知る会 鎌倉公演 1月25日 昼の部「野守」 

令和二年1月25日県民のための能を知る会鎌倉公演昼の部は、地獄の鬼の持つと言われています鏡を主題に据えた世阿弥の名曲「野守【のもり】」を上演致します。
前半は奈良は春日に伝わります野守の鏡や鷹狩の話が主題となっています。後半は地獄の鬼が現れ、鏡を持ち豪快に地獄の有様を舞い示した後、地獄へ帰っていくという演目となっております。
狂言は「鏡男【かがみおとこ】」という、“鏡”というものが珍しい時代、土産物として都から戻った男が妻にこの鏡を渡すとどのような反応が返ってくるか、というものが見どころとなっております。
能には現代語と英文での字幕もあり、どなたでも能楽をお楽しみ頂ける公演となっております。

野守【のもり/Nomori】
 出羽国羽黒山の山伏(ワキ)は、大峯葛城に参ろうと旅に出た。大和国春日の里に着いた所、一人の老翁(前シテ)がやって来る。山伏が野中にある清水の名を訊ねると、老翁は、私のような野守の影を映すゆえ、野守の鏡と呼んでいると答える。さらに老翁は、鬼神の持つという真の野守の鏡や、昔に行われた御狩の話を語る。その後、山伏が真の野守の鏡を見たいと言うと老翁は、この水鏡の方を見なさいと言い残し、消え失せる。(中入)山伏が懸命に祈っていると、鬼神(後シテ)が真の野守の鏡を持って現れる。鬼神はあらゆる世界の様相を鏡に映した後、大地を踏み破り、奈落の底へ飛び入り消え失せる。

鎌倉能舞台「野守」

ご注意

  • 公演内容は予告なく変更する場合があります。お申し込みの前にいま一度内容をご確認ください。
  • 受付状況はリアルタイムに反映されない場合があります。
  • 公演期間は最も早い日付と最も遅い日付を表示しています。期間内毎日公演があるという意味ではありません。