笑福亭たま深川独演会・2019年8月 お笑いと伝統芸能のチケット情報(東京都・2019/8/29(木))

2019/8/29(木)に深川江戸資料館 小劇場(東京都)で行われる笑福亭たま深川独演会・2019年8月 お笑いと伝統芸能のチケット情報ページです。会場情報、開演時間や料金を確認し、笑福亭たま深川独演会・2019年8月 お笑いと伝統芸能のチケットを簡単にオンライン予約・購入できます。

笑福亭たま深川独演会・2019年8月

初心者から好事家まで、子どもからお年寄りまで楽しめる落語会。
笑福亭たまのベストアルバム! 番組は、古典、新作、ショート落語と盛り沢山! 笑福亭たまの安定と実験を共有できる落語会!

●笑福亭たま演目紹介
「茶漬間男」:昔のラブホテルは「盆屋」といわれ、カップルが「事」を終えて
       帰る時には部屋のお盆に代金を載せて支払うシステム。
       不倫のお話。ただそれだけ(笑)短いながら楽しい珍品。
「こぶ弁慶」:上方落語長編大河落語「東の旅」シリーズの中のSF巨編。
       壁土を食べるのが趣味という男が現れ(!)、その壁土には
       弁慶の魂が塗りこめられており(!)、そのせいで、
       琵琶湖~京都を舞台に大名行列と大立ち回りをする(!)という、
       設定がぶっ飛び過ぎな古典落語。

●ゲスト紹介
笑福亭福笑(★たまの師匠!)
1968年六代目笑福亭松鶴に入門。1998年上方お笑い大賞審査員奨励賞受賞。毎年独演会では1000人の熱狂的なファンを
集める爆笑派。斬新な新作と大胆な演出の古典で落語ファンならず、落語家の度肝を抜く。プライベートも型破りで、
知的にして喧嘩っ早く、高座は面白いが、危険極まりない要注意人物!

笑福亭羽光
2007年笑福亭鶴光に入門。2013年さがみはら若手落語家選手権優勝、
2013年北とぴあ若手落語家競演会大賞受賞。新作古典の両刀使いで、
「私小説落語」も人気。漫画原作も手掛け、講談社週刊少年マガジン第35回ギャグマンガ新人賞(ペンネーム:のぞむよしお)。入門前は「爆烈Q」としても活躍。


らくごの玉手箱

スマチケ

スマホから申し込むと「スマチケ」受取りが可能です。

この公演は「スマチケ」受取り可能です。

ご注意

  • 公演内容は予告なく変更する場合があります。お申し込みの前にいま一度内容をご確認ください。
  • 受付状況はリアルタイムに反映されない場合があります。
  • 公演期間は最も早い日付と最も遅い日付を表示しています。期間内毎日公演があるという意味ではありません。