京都嵐山 新緑の古刹名庭を庭師とめぐる<宝厳院>のチケット情報(京都府)

京都府の大本山天龍寺塔頭 大亀山宝厳院で行われる京都嵐山 新緑の古刹名庭を庭師とめぐる<宝厳院>のチケット情報ページです。日程、会場情報や料金を確認し、京都嵐山 新緑の古刹名庭を庭師とめぐる<宝厳院>のチケットを簡単にオンライン予約・購入できます。

京都嵐山 新緑の古刹名庭を庭師とめぐる<宝厳院>

青もみじの美しい天龍寺塔頭 宝厳院「獅子吼の庭」を庭師の解説で鑑賞・散策するプログラム

※こちらは<宝厳院>お申込みのページです。1日通してのご参加ご希望の方は、お得な<1日券>をご購入下さい。

京都でも屈指の紅葉の名所といわれる天龍寺塔頭 宝厳院。その「獅子吼の庭」 を、通常は入室できない書院からの眺めと散策とで堪能。天龍寺ご用達の庭師による詳細な解説付きで楽しむ贅沢なプログラムです。

<受付場所>宝厳院 門前
※会場となる書院まで入口から5分程度歩きますので早めにお越し下さい。

●禅の教えを伝える「獅子吼の庭」を庭師の解説で散策
室町時代、禅僧 策彦周良禅師によって作庭された「獅子吼(ししく)の庭」。「獅子吼」とは「仏が説法する」ことを意味し、庭園内の鳥の声、風の音、全てから感じとることが仏の教えであるとされます。青もみじや苔の緑に包まれながら、天龍寺ご用達庭師 平木信行さん(株式会社曽根造園)の解説で名庭の魅力に浸ります。

●窓一面新緑の書院にて禅と庭を学ぶ
通常入室できない書院にて、窓一面に広がる新緑の獅子吼の庭に臨みつつ、天龍寺 田原宗務総長の講話をお聴きいただきます。

●宝厳院僧侶の解説付きで本堂参拝
宝厳院僧侶の案内で十一面観世音菩薩を祀る本堂をご参拝、田村能里子画伯筆の襖絵「風河燦燦三三自在」をご鑑賞いただきます。

株式会社曽根造園
プログラム詳細
<1日券>詳細
京あそび公式ホームページ

スマチケ

スマホから申し込むと「スマチケ」受取りが可能です。

この公演は「スマチケ」受取り可能です。

ご注意

  • 公演内容は予告なく変更する場合があります。お申し込みの前にいま一度内容をご確認ください。
  • 受付状況はリアルタイムに反映されない場合があります。
  • 公演期間は最も早い日付と最も遅い日付を表示しています。期間内毎日公演があるという意味ではありません。