エクス・ノーヴォ室内合唱団演奏会vol.11のチケット情報

エクス・ノーヴォ室内合唱団演奏会vol.11のチケット情報ページです。日程、会場情報や料金を確認し、チケットの簡単オンライン予約・購入ができます。

エクス・ノーヴォ室内合唱団演奏会vol.11

17世紀後半から18世紀初頭にかけてナポリのバロック音楽の中心人物であったのアレッサンドロ・スカルラッティ。オペラの作曲家として知られるスカルラッティの隠れた名曲《聖週間のためのレスポンソリウム》より、聖木曜日(全9曲)と聖金曜日(全9曲)を披露。

イタリア古典歌曲集の〈菫 Le violette〉、〈私は心に感じる Sento nel core〉、〈陽はすでにガンジス川から Già il sole dal Gange〉等の名曲で知られるアレッサンドロ・スカルラッティは、オペラやカンタータ、宗教曲、器楽曲等々、ほとんどのジャンルで作品を残した大作曲家として当時息子ドメニコよりも圧倒的に大きな影響力を持っていました。現在ではスカルラッティの宗教曲が演奏される機会はあまり多いとは言えませんが、オラトリオや典礼音楽でも素晴らしい作品を残しています。特に4声と通奏低音というシンプルな編成で作曲されたこのレスポンソリウムはスカルラッティの宗教曲の中でも異彩を放つ隠れた名作と言えるでしょう。基本的にはルネッサンスから連綿と続いている対位法に立脚していますが、抽象的な音楽的世界ではなく、キリストの痛ましい受難を表現すべく、時にリアルに、そして時に雄弁に語るような説得力を持って聴く人に迫ってきます。
日本ではまだ、ほとんど演奏されたことのないアレッサンドロ・スカルラッティのレスポンソリウムの全貌が明らかになります。

エクス・ノーヴォ室内合唱団公式ホームページ

ご注意

  • 公演内容は予告なく変更する場合があります。お申し込みの前にいま一度内容をご確認ください。
  • 受付状況はリアルタイムに反映されない場合があります。
  • 公演期間は最も早い日付と最も遅い日付を表示しています。期間内毎日公演があるという意味ではありません。