菅公顕彰・和漢朗詠 北野天満宮 「春の曲水の宴」のチケット情報

菅公顕彰・和漢朗詠 北野天満宮 「春の曲水の宴」のチケット情報ページです。日程、会場情報や料金を確認し、チケットの簡単オンライン予約・購入ができます。

菅公顕彰・和漢朗詠 北野天満宮 「春の曲水の宴」

梅が咲き誇る船出の庭で、平安時代の雅を味わう

全国天満宮の総本社 北野天満宮において、御祭神菅原道真公を顕彰すべく平成28年に千百余年ぶりに再興された「菅公顕彰 和漢朗詠 曲水の宴」。曲水の宴とは、庭に設けた小川に酒を入れた杯を流し、それをとって飲むとともに、題に即した詩を賦すという宴会です。もともとは、古代中国で行われていた上巳の祓(毎年三月最初の巳の日に水辺で体を清める行事)に由来し、それが杯を流すことと詩歌を作ることを伴い、宴の形式に整えられ日本にも伝えられました。
北野天満宮の曲水の宴は、菅公の尊ばれた漢詩と和歌による、他に類をみない和漢朗詠という形式で本年も行われます。古の例にならい、詩歌の他、朗詠や白拍子舞など芸能も披露され、平安絵巻の世界が現代に甦ります。京都の文化人らにより紡がれる美しい漢詩と和歌をぜひお楽しみに下さい。

◇詠者のご案内◇

【詩人】(漢詩)

山田 啓二  京都文化博物館 館長
 
朧谷 壽   同志社女子大学 名誉教授

茂山 逸平  狂言師

吉岡 英晃  京都大学 4年生

【歌人】(和歌)

阪口 順子  京大和 女将

熊谷 優希  株式会社 熊谷次 取締役

片木 希依  ピアニスト

小野田 磨柚 京都教育大学修士課程 2年生
 

北野天満宮

ご注意

  • 公演内容は予告なく変更する場合があります。お申し込みの前にいま一度内容をご確認ください。
  • 受付状況はリアルタイムに反映されない場合があります。
  • 公演期間は最も早い日付と最も遅い日付を表示しています。期間内毎日公演があるという意味ではありません。