横浜楽友協会吹奏楽団 第41回定期演奏会のチケット情報

横浜楽友協会吹奏楽団 第41回定期演奏会のチケット情報ページです。日程、会場情報や料金を確認し、チケットの簡単オンライン予約・購入ができます。

横浜楽友協会吹奏楽団 第41回定期演奏会

管弦楽団(オーケストラ)で演奏しようと、吹奏楽団(ウィンドオーケストラ)で演奏しようと、名曲が名曲であることに変わりはない。

横浜楽友協会吹奏楽団は、吹奏楽という枠にとらわれず古今の名曲を演奏したいという、10代から60代までの幅広い年齢層のメンバーにより構成されています。編曲、奏法から奏者の配置まで真剣に研究を重ね、「吹奏楽の新しい音色」の可能性を探求しています。

1975年の創立当初より故池松和彦氏(東京フィルハーモニー交響楽団首席クラリネット奏者)を指導者として迎え、池松氏急逝後は、吹奏楽の世界的作曲家である故A.リード氏、伊藤透氏らに客演を頂いています。1993年以降、小田野宏之氏の客演による定期演奏会は今回で24回を数えます。

今回の演奏会では、シェイクスピアの「ロミオとジュリエット」を題材とした2作品を第1部・第2部それぞれのメインプログラムとして取り上げます。第1部ではチャイコフスキーの幻想序曲「ロミオとジュリエット」を、第2部ではバーンスタイン作曲のブロードウェイミュージカル「ウエストサイドストーリー」から、作曲者自身が組曲として構成した「シンフォニックダンス」を演奏します。14世紀のイタリアを舞台とした悲劇に着想を得て、19世紀のロシアと20世紀のアメリカで生まれた2曲の対比をお楽しみください。

スマチケ

スマホから申し込むと「スマチケ」受取りが可能です。

この公演は「スマチケ」受取り可能です。

ご注意

  • 公演内容は予告なく変更する場合があります。お申し込みの前にいま一度内容をご確認ください。
  • 受付状況はリアルタイムに反映されない場合があります。
  • 公演期間は最も早い日付と最も遅い日付を表示しています。期間内毎日公演があるという意味ではありません。