バロックリュートの時代中川祥治リュートリサイタル元年のチケット情報(名古屋・2019.5.26(日))

2019.5.26(日)にHITOMIホール(名古屋)で行われるバロックリュートの時代中川祥治リュートリサイタル元年のチケット情報ページです。会場情報、開演時間や料金を確認し、バロックリュートの時代中川祥治リュートリサイタル元年のチケットを簡単にオンライン予約・購入できます。

バロックリュートの時代中川祥治リュートリサイタル元年

ヨーロッパで愛されたバロック・リュートの音楽をご紹介します。

リュートは中世から古典派の初期に至る長きにわたり、ヨーロッパ各国で愛され続けた弦撥楽器です。その間の音楽の変遷に合わせて、楽器の大きさ、調弦、奏法も変わって行きました。17世紀初頭、バロック音楽が勃興した頃、リュートは最後の調弦の変化を見ました。そしてその調弦法は19世紀初頭、リュートがしばしの眠りに就くまで使われました。その調弦法とは、ニ短調の主和音と1オクターブの音階で構成される方法で、このように調弦するリュートを、今日ではバロックリュートと呼んでいます。今回のリサイタルでは、バロックリュートの黎明期であるフランスの作品、その影響を受け発展していったドイツの作品、そして初期の古典派スタイルの作品を紹介し、「バロックリュートの時代」を俯瞰してみたいと思います。

ご注意

  • 公演内容は予告なく変更する場合があります。お申し込みの前にいま一度内容をご確認ください。
  • 受付状況はリアルタイムに反映されない場合があります。
  • 公演期間は最も早い日付と最も遅い日付を表示しています。期間内毎日公演があるという意味ではありません。