MOA美術館のチケット情報

MOA美術館のチケット情報ページです。日程、会場情報や料金を確認し、チケットの簡単オンライン予約・購入ができます。

MOA美術館

MOA美術館は昭和57年に開館してから36年が経過しました。この度展示空間の刷新と設備の更新を目的として、改修工事を実施いたしました。
ロビーエリア、展示スペースの設計は、世界を舞台に活躍する現代美術作家 杉本博司氏が建築家 榊田倫之氏と共に主宰する「新素材研究所」が手掛けました。 古代や中世、近世に用いられた素材や技法を、現代にどう再構築して受け継いでいくかという問いに取り組み、様々な試みの中から、日本の伝統的な素材を用いた現代的な空間を生み、あたらしいMOA美術館を体現します。

日本は世界に卓越する工芸の伝統を有し、なかでも漆芸は、日本を代表する工芸として1300年以上の永い歴史を持ち、芸術的にも技術的にも高度の発達をとげ継承されてきました。
近代以降多くの漆芸家が、漆芸の近代化と普及に尽力して礎を築き、昭和29年には日本工芸会が発会し、日本伝統工芸展は作家らの活躍の場となりました。本展は、同会の漆芸部会展である日本伝統漆芸展が第35回展を迎えることを記念して開催するもので「江戸時代末期から戦前までの近代の名匠」、「重要無形文化財制度と日本工芸会」、「日本伝統漆芸展の開催」、「11名の重要無形文化財保持者を中心に現在活躍している作家たち」の4つのテーマを設け、近代から現代への漆芸の歩みを俯瞰します。
伝統的な技の継承とともに革新的な新たな創作に取り組んできた漆芸の世界をご堪能ください。

MOA美術館HP

ご注意

  • 公演内容は予告なく変更する場合があります。お申し込みの前にいま一度内容をご確認ください。
  • 受付状況はリアルタイムに反映されない場合があります。
  • 公演期間は最も早い日付と最も遅い日付を表示しています。期間内毎日公演があるという意味ではありません。