The Voices of the West End 2023 (ヴォイス・オブ・ウエストエンド 2023) のチケット情報 (渋谷・原宿・表参道周辺)

渋谷・原宿・表参道周辺のBunkamura オーチャードホールで行われるThe Voices of the West End 2023 (ヴォイス・オブ・ウエストエンド 2023)のチケット情報ページです。日程、会場情報や料金を確認し、The Voices of the West End 2023 (ヴォイス・オブ・ウエストエンド 2023)のチケットを簡単にオンライン予約・購入できます。

The Voices of the West End 2023 (ヴォイス・オブ・ウエストエンド 2023)
The Voices of the West End 2023 (ヴォイス・オブ・ウエストエンド 2023)

“本場の感動を日本、そして世界へ”ミュージカルの本場、ロンドン・ウエストエンドのトップスターが集結!『The Voices of the West End 2023(ヴォイス・オブ・ウエストエンド 2023)』開催決定!

2019年に開催され人気を博した、イギリス・ロンドンのウエストエンドで活躍するミュージカルスターたちによるコンサート『The Voices of the West End(ヴォイス・オブ・ウエストエンド)』。コロナ禍による公演中止を経て、2023年2月3日(金)~5日(日)、Bunkamuraオーチャードホールで4年ぶりの開催が決定!
前回公演では圧巻の歌唱力で観客を魅了したジョン・オーウェン=ジョーンズ(JOJ)とケリー・エリスに加え、アナ・オバーンとアリスター・ブラマーが待望の初来日を果たす。

JOJは、『レ・ミゼラブル』のジャン・バルジャン役や『オペラ座の怪人』のファントム役など、数々の有名作で長年主役を務めてきた、イギリスが誇るミュージカルスター。イギリスの週刊紙「The Stage」では、イギリスのミュージカル俳優トップ10にも選ばれている。今年、イギリスで初のソロツアーも行い、大成功を収めた。

ケリー・エリスは、『ウィキッド』のエルファバ役のイギリスオリジナルキャストで、その後同役をブロードウェーでも演じ、英米両国で高い評価を得てきた実力派。ほかにも、『ミス・サイゴン』『レ・ミゼラブル』『キャッツ』などで主要キャストを務めており、直近では9月まで『エニシング・ゴーズ』の主役リノ・スウィーニー役を演じた。また、2017年にはクイーンのギタリスト、ブライアン・メイとの共同アルバムをリリース。ソロ歌手としても活躍の場を広げている。

アナ・オバーンはオーストラリア出身で、ウエストエンドでも活躍する今注目の俳優。『オペラ座の怪人』と続編『ラブ・ネバー・ダイ』でヒロイン・クリスティーヌ役を演じたほか、『ウエスト・サイド・ストーリー』マリア役、『マイ・フェア・レディ』イライザ役など、数々の有名作品に主演している。今回が待望の初来日となる。

アリスター・ブラマーは『レ・ミゼラブル』のマリウス役で、ウエストエンドデビューし、『ミス・サイゴン』ではウエストエンドとブロードウェイの両舞台に立ち、英米問わず活躍を見せるウエストエンドの実力派俳優。彼も今回が初来日となる。

今回のコンサートは彼らの出演作を中心に、数々の名曲が披露される。

ご注意

  • 公演内容は予告なく変更する場合があります。お申し込みの前にいま一度内容をご確認ください。
  • 受付状況はリアルタイムに反映されない場合があります。
  • 公演期間は最も早い日付と最も遅い日付を表示しています。期間内毎日公演があるという意味ではありません。