転校生のチケット情報

転校生のチケット情報ページです。日程、会場情報や料金を確認し、チケットの簡単オンライン予約・購入ができます。

転校生
転校生

【作品概要】
 1994年青山演劇フェスティバルで初演されて以来、高校演劇のバイブル的戯曲である「転校生」。本作では平田オリザ戯曲特有の「同時多発」会話で繰り広げられる、ある高校生たちの一日が描かれています。他愛のない日々の会話の中に高校生たちの日常と社会への好奇心、あるいは大人達への不信感、将来への不安を垣間見る戯曲です。

 2015年、若き才能との出逢いを求め、「これから女優としての経験を積んでいきたいと思っている」18歳~27歳の女性を対象に応募資格が設けられ、1,474名から応募頂きオーディションを経て、21名の出演者を選出・上演致しました。

 そして2019年夏、再びオールオーディションキャストで『転校生』を上演致します。
 本作品は女子校が舞台で描かれていますが、今回はこの女子校版に加え、新たに平田オリザ氏が改定版として男子校版を翻案、オリジナル女子校版と男子校新版の2バージョンでの同時上演となります。
 今回も応募総数2,128名の中から、演出の本広克行氏による書類審査と実技審査を経て、女子校版、男子校版各21名の出演者が決定致しました!

21名の女優たち、21名の男優たち、皆さんが彼らの才能の最初の目撃者となります。
2019年夏、新たな才能との出逢いにご期待ください。

【あらすじ】
 ある高校の教室。普段と変わりない1日の始まり。他愛のない日常の会話。そこへ、「朝起きたらこの学校の生徒になっていた」と言う、転校生がやってくる。
 身近で起きている出来事をとおして、人間の存在の不確かさが浮かび上がる21名の群像劇。

⇒【SPICE】本広克行×平田オリザの舞台『転校生』 キャストオーディションの最終選考をレポート

ご注意

  • 公演内容は予告なく変更する場合があります。お申し込みの前にいま一度内容をご確認ください。
  • 受付状況はリアルタイムに反映されない場合があります。
  • 公演期間は最も早い日付と最も遅い日付を表示しています。期間内毎日公演があるという意味ではありません。