国立劇場12月歌舞伎公演のチケット情報

国立劇場12月歌舞伎公演のチケット情報ページです。日程、会場情報や料金を確認し、チケットの簡単オンライン予約・購入ができます。

国立劇場12月歌舞伎公演
国立劇場12月歌舞伎公演
国立劇場12月歌舞伎公演

≪珠玉の舞台を、動画でも!≫
国立劇場にて令和2年12月に上演された歌舞伎公演が、動画でもお楽しみいただけることになりました!豪華な出演者でお送りする珠玉の舞台を、この機会にぜひご覧ください!

【演目】
『天衣紛上野初花―河内山―』『鶴亀』『雪の石橋』(令和2年12月歌舞伎公演第二部)

【出演】
『天衣紛上野初花―河内山―』
松本白鸚、大谷友右衛門、市川高麗蔵、澤村宗之助、大谷廣太郎、中村莟玉、中村玉太郎、中村歌女之丞、松本錦吾、坂東彌十郎、中村梅玉 ほか
『鶴亀』
中村福助、中村福之助、中村歌之助
『雪の石橋』
市川染五郎 ほか

【あらすじ】
『天衣紛上野初花―河内山―』
この作品は、悪事で江戸に名を馳せた人物が活躍する講談をもとにしています。主人公の河内山宗俊は、将軍家の御数寄屋坊主。きっぷが良く知略に富む河内山は、腰元奉公中に軟禁された質屋の娘を救うため、寛永寺の高僧に化け、門主の使いと称して大名・松江侯(松江出雲守)の屋敷に乗り込みます。
前払いの礼金を出し渋る質屋の番頭たちを馬鹿にしてあざ笑う「上州屋」の小気味良さ、大大名の松江侯や家臣を手玉に取りしたたかに事を運ぶ「松江邸」の痛快さなど、見どころが続きます。そして、正体を見破られるや大胆不敵に居直り、「悪に強きは善にもと」と名台詞を聞かせ、松江侯主従に向かい「馬鹿め」と言い放ち、高笑いして立ち去る、胸のすくような幕切れを迎えます。白鸚が家の芸として練り上げてきた当たり役・河内山を、梅玉をはじめとする豪華な共演者を得てお送りします。
『鶴亀』
この作品は能楽の『鶴亀』をもとにし、中心となる唐土の皇帝の他に鶴と亀が登場します。今回は、皇帝が優雅な女帝として演じられます。鶴と亀が女帝の長寿を祈って舞いを見せ、女帝も大いに感じ入り、自らも舞うという展開になっています。荘重で典雅な踊りが繰り広げられ、芯となる女帝を福助が演じる格調の高い舞台をご覧いただきます。
『雪の石橋』
能楽の『石橋』をもとに歌舞伎で演じられる〈石橋物〉のひとつで、舞台である清凉山の石橋(自然の力で深い谷にかかった石の橋)に雪が降り積もっているという趣向です。時ならぬ吹雪の中を、深山の石橋の上で、獅子の精が橋の徳を讃え、力者(力の強い武者)を相手に勇壮な狂い(激しい舞)を見せます。若い演者の清新な舞台をお楽しみください。

【配信情報】
・配信時間: 約116分
・配信開始日時: 2021/3/3(水) 10:00~
視聴可能期間: 2021/3/9(火) 22:00まで
※視聴可能期間内は何度でもご視聴いただけます。

『三人吉三巴白浪』の販売ページはこちら
 

ご注意

  • 公演内容は予告なく変更する場合があります。お申し込みの前にいま一度内容をご確認ください。
  • 受付状況はリアルタイムに反映されない場合があります。
  • 公演期間は最も早い日付と最も遅い日付を表示しています。期間内毎日公演があるという意味ではありません。