佐渡裕/反田恭平 with ジャパン・ナショナル・オーケストラ 特別編成 チケット受付ページ

ウィーンで大成功を収めた最高コンビが贈るコンチェルト2本立て!

  • 佐渡裕&反田恭平、信頼を寄せ合う二人が全国10都市ツアーへ! チャレンジングなプログラム、新生オーケストラへの思いとは

    2021年2月27日(土)から3月14日(日)、日本国内10都市で『佐渡裕/反田恭平 with ジャパン・ナショナル・オーケストラ 特別編成』が夢の共演を繰り広げる。現在、反田が主宰する「MLMナショナル管弦楽団」が、2021年に「ジャパン・ナショナル・オーケストラ(JNO)」と改名。今回のツアーでは、精鋭部隊が集う特別編成として、乗りに乗っている佐渡×反田との初共演となる。

    続きを読む>

湯山玲子コメント

湯山玲子

音楽界の「比翼の鳥」が、コロナ禍で実現させる新しい試み

湯山玲子(著述家・プロデューサー)

クラシック音楽はグローバル文化の代表格。演奏家たちは世界を飛び回り、ファンもまた世界を巡り貪欲に経験を積む。そんな状況が断ち切られたのがこのコロナ禍だが、悪いことばかりではない。業界の常識からはあり得ないような、画期的な座組が実現。佐渡裕と反田恭平は、求める音楽が共振しうる、まさに「比翼の鳥」といった間柄だが、佐渡は今回、お膝元のトーンキュンストラー管弦楽団の代わりに、反田のオケを振る。ブランドの凄さを確認しに行くのではなく、新しい試みを受け止め、育てていく行為こそが成熟したリスナーのあリ方だとすると、今回のツアーはまさにその試金石。プログラムはふたりの十八番。独奏とオケ、そして、指揮者がつくりあげる、力と調和の独特世界を目撃したい。

公演概要

公演名
  • 佐渡裕/反田恭平 with ジャパン・ナショナル・オーケストラ 特別編成
    Yutaka Sado & Kyohei Sorita with Japan National Orchestra
出演
  • 指揮:佐渡裕
  • ピアノ:反田恭平
  • 管弦楽:ジャパン・ナショナル・オーケストラ 特別編成
プログラム

プログラムA

  • ハイドン:交響曲 第44番 ホ短調「悲しみ」
  • ラフマニノフ:パガニーニの主題による狂詩曲 Op.43
  • ラフマニノフ:ピアノ協奏曲 第3番 ニ短調 Op.30

プログラムB

  • ハイドン:交響曲 第44番 ホ短調「悲しみ」
  • ラフマニノフ:パガニーニの主題による狂詩曲 Op.43
  • プロコフィエフ:ピアノ協奏曲 第3番 ハ長調 Op.26

この期間に予定されておりました、佐渡裕指揮トーンキュンストラー管弦楽団(ピアノ:反田恭平)の日本ツアーは、新型コロナウイルスの感染拡大の影響により中止となりました。

ツアースケジュール

2/27(土) 14:00開演 
川崎・ミューザ川崎シンフォニーホール

プログラム B

2/28(日) 14:00開演 
東京・Bunkamura オーチャードホール

プログラム A

3/4(木) 18:45開演 
名古屋・愛知県芸術劇場 コンサートホール

プログラム B

3/5(金) 19:00開演 
浜松・アクトシティ浜松 大ホール

プログラム A

3/6(土) 15:00開演 
松本・キッセイ文化ホール(長野県松本文化会館)

プログラム A

3/7(日) 15:00開演 
足利・足利市民会館・大ホール

プログラム A

3/11(木) 18:30開演 
岡山・岡山シンフォニーホール

プログラム A

3/12(金) 18:30開演 
宮崎・メディキット県民文化センター(宮崎県立芸術劇場)

プログラム B

3/13(土) 15:00開演 
大阪・フェニーチェ堺 大ホール(堺市民芸術文化ホール)

プログラム A

3/14(日) 14:00開演 
兵庫・兵庫県立芸術文化センター KOBELCO 大ホール

プログラム B

プロフィール

佐渡裕

佐渡裕指揮

Yutaka Sado

故レナード・バーンスタイン、小澤征爾らに師事。1989年ブザンソン国際指揮者コンクール優勝。これまでパリ管弦楽団、ケルン WDR 交響楽団、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、ロンドン交響楽団等欧州の一流オーケストラに多数客演。2015年より、オーストリアを代表し110年の歴史を持つトーンキュンストラー管弦楽団音楽監督に就任し、拠点をウィーンに置いて活動している。国内では兵庫県立芸術文化センター芸術監督、シエナ・ウインド・オーケストラの首席指揮者。

オフィシャルファンサイト:
http://yutaka-sado.meetsfan.jp

反田恭平

反田恭平ピアノ

Kyohei Sorita

2012年高校在学中に第81回日本音楽コンクール第1位入賞。15年「チッタ・ディ・カントゥ国際ピアノ協奏曲コンクール」古典派部門で優勝。16年デビューリサイタルを機にソリストとして活動を展開し、僅か3年間でベルリン・ドイツ響、ワルシャワ・フィル等国内外のオーケストラと100回以上共演を重ねた。18年からはMLMナショナル管のプロデュース、19年には自身のレーベルを立ち上げ、コロナ禍ではいち早く有料のストリーミング配信を行うなど、クラシック音楽の普及にも力を入れている。20年10月、ウィーン楽友協会大ホールにて鮮烈なデビューを果たした。現在、F.ショパン国立音楽大学研究科在籍。

オフィシャルサイト:
https://www.kyoheisorita.com

ジャパン・ナショナル・オーケストラ 特別編成

Japan National Orchestra

前身は、ピアニスト反田恭平がプロデュースし、ソリストとしても活躍する同世代の実力派アーティストに声をかけて2019年に立ち上げたMLMナショナル管弦楽団。室内楽の世界を一新した若手アンサンブルとして活動。2021年からはジャパン・ナショナル・オーケストラと改名。スポンサーであるDMG森精機と協力し地域に根差した文化的活動を行う予定。今回はその室内アンサンブルを中心にさらに国際色豊かな奏者を迎え、特別編成でツアーに臨む。

PAGETOP