Ragus -ラグース-

“ラグース”創立10周年記念来日公演!心を解放する音楽、歌声、そして激しく踏み鳴らす熱いステップ。活気に満ちたアイリッシュ・ダンスとケルト音楽の真髄を、100%楽しむ!

Information

[公演日・会場]

  • 【東京公演】11/20(金)〜11/23(月・祝)
    東京国際フォーラム ホールC /他
  • ※その他の公演につきましては下記の公演スケジュールをご確認ください。

アイリッシュダンスとケルト音楽の真髄!「ラグース」の映像到着!

(10/15up)

歌と音楽、そしてダンス。軽やかなステップを繰り広げるエンターテイメント!

ディアドレ・シャノン

ふと気がつくと、優しい気持ちに、不思議な懐かしさで胸がいっぱいになっている。目の前には、冷たい風が吹き抜ける岩の大地と白く砕け散る波の海が広がり、そして一日の中に四季があると言われる変化に富んだアイルランドの自然の中でも、じっと耐えて咲き続ける可憐な花が浮かんでくる。

『ラグース』がつくり出す歌と音楽、それは今や世界中の人から親しまれている「ケルト音楽」。とりわけ、現代社会の窮屈さと忙(せわ)しなさの中にいる人たちにとっては、人間らしく、ゆっくりと呼吸をする時間を取り戻してくれる芸術として愛されている。

そして、あの「アイリッシュ・ダンス」。上体・上腕は微動だにせず、一方、脚は複雑に交差し激しく動き回る。皆が揃って一糸乱れず床を打ち鳴らす場面は「圧巻」の一語。まるで、上体は何千年も何万年の変わることのなかった大自然、脚はその下で蠢き移り変わる生命だ。

『ラグース』はアイルランド随一の観光地であるアラン諸島を訪れる観光客のためのショーとして結成。歌、音楽、踊りが一体となったそのステージは、アイルランドでも最高のクオリティを持つショーとして、小さな島を超えて世界中からオファーが来る大人気エンターテイメントに成長した。2006年、2007年に続く今回の来日には、日本での「アイリッシュ・ダンス」人気の火付け役となった『リバー・ダンス』のワールド・ツアーにも参加しているリードダンサーが同行、またファーストアルバムがビルボード誌の世界音楽チャートで81週連続第1位という記録を打ち立てた、アイルランド出身の女性5人組グループ『ケルティック・ウーマン』の元メンバーも歌手として参加する。一層パワーアップしての公演だ。

人間味溢れ、それでいてどこか神秘的な香りも漂わせるケルト音楽。そして抑圧の時代を超えた、熱い魂から発せられるアイリッシュ・ダンス。高い芸術性を持った最高のエンターテイメント、『ラグース・ショー』に乞うご期待!

公演概要

【公演スケジュール】
公演日 開場時間 開演時間 会場
2009/11/20(金) 18:00 18:30 東京国際フォーラム ホールC
2009/11/21(土) 12:00 12:30 東京国際フォーラム ホールC
2009/11/21(土) 15:30 16:00 東京国際フォーラム ホールC
2009/11/22(日) 12:00 12:30 東京国際フォーラム ホールC
2009/11/22(日) 15:30 16:00 東京国際フォーラム ホールC
2009/11/23(月) 12:00 12:30 東京国際フォーラム ホールC
2009/11/26(木) 18:00 18:30 下松市文化会館(スタートピアくだまつ)
2009/11/27(金) 18:00 18:30 ふくやま芸術文化ホール(リーデンローズ)
2009/11/29(日) 14:30 15:00 呉市文化ホール
2009/12/1(火) 18:00 18:30 岡山シンフォニーホール
2009/12/2(水) 18:00 18:30 サンケイホールブリーゼ(大阪)
2009/12/3(木) 18:00 18:30 サンケイホールブリーゼ(大阪)
2009/12/4(金) 18:00 18:30 京都会館第2(中)ホール
2009/12/6(日) 14:30 15:00 和歌山県民文化会館
2009/12/8(火) 18:00 18:30 練馬文化センター
2009/12/13(日) 14:30 15:00 狭山市市民会館
2009/12/15(火) 17:45 18:30 愛知県芸術劇場
2009/12/16(水) 18:00 18:30 ホクト文化ホール(長野県県民文化会館)中ホール
2009/12/19(土) 14:30 15:00 神奈川県民ホール
【出演予定者】
マエストロ:
ファーガル・オー・マルクル
※演奏は生バンドになります。
ダンサー:
  • ジェラルディン・レーディー
  • ミシェル・ケリー
  • ケヴィン・ダガン
  • マイケル・ドネガン
  • ロナン・シャーロック /他
スペシャルゲスト歌手:
ディアドレ・シャノン
(元ケルティック・ウーマン)

※当日、怪我などやむを得ない事情により出演者が変更になる可能性があります。予めご了承ください。