イープラスTOP

氷艶 HYOEN 2017 破沙羅

氷艶 HYOEN 2017 破沙羅

チケット好評発売中!

あらすじ

清けき光に包まれて現れた女神が、少年に見せる夢。少年が見る夢の世界は、神話の時代の日本を舞台に歌舞伎の善と悪のキャラクターが戦うという物語である。
遥か遠く昔。神代の時代。天からこの地に天下った瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)は木花開耶姫(コノハナサクヤヒメ)と恋に落ちる。木花開耶姫の姉、岩長姫(イワナガヒメ)は二人を妬んで、歌舞伎の世界の大敵役の仁木弾正(ニッキダンジョウ)を呼び出だし、瓊瓊杵尊と木花開耶姫を闇の国に閉じ込める。瓊瓊杵尊の家来の猿田彦(サルタヒコ)は、悪を倒して二人を助ける為に、歌舞伎の世界の、そして日本史の英雄である源義経(ミナモトノヨシツネ)を呼び出だし、神代の世界を舞台に、義経と仁木という歌舞伎の善と悪のキャラクターが対決する。
歌舞伎の世界でも、同じ物語で交わることのない善と悪を代表するキャラクターが、歌舞伎とフィギアスケートのコラボレーションという前代未聞の舞台で初めて交わり、新たなエンターテイメントを紡ぎ出してゆく。

氷艶とは
  • 氷艶とは、フィギュアスケートの氷上ならではの美しくしなやかな演技と感情表現を通じて、今までにはない様な、日本文化を伝える艶やかな舞台を創っていきたいという想いが込められている。
    また、氷艶の「en」という音には、フィギュアスケートの常識を超えて「演」じることに挑戦していくという意志と、この企画を通じて様々な「縁」が繋がっていきますようにという願いも込められている。
破沙羅(バサラ)とは
  • 「ばさら」とは南北朝時代に派手で華美な衣をまとい、伝統的な価値観や常識にとらわれることなく自由気ままに生きようとした人々の事で、その精神は「傾き」つまり歌舞伎の精神にも通じる。また、「沙羅」は、仏陀の入滅の際に白く変じた木であり、大和言葉の「さら」には汚れなく新しいという意味もある。
     作品の題名である『破沙羅』には、歌舞伎の魂が初めてリンクへと舞い降り、氷上で一つの世界を作ることによって、“新しい”をさらに打ち破って誰も見たこともない歌舞伎を作りたいという思いが込められている。

公演概要

開催日時(※各日2公演)
  • ■2017/5/20(土) 
    開場11:00 / 開演12:00 開場16:00 / 開演17:00
  • ■2017/5/21(日) 
    開場11:00 / 開演12:00 開場16:00 / 開演17:00
  • ■2017/5/22(月) 
    開場12:30 / 開演13:30 開場17:30 / 開演18:30
会場
国立代々木競技場 第一体育館
出演
  • 【出演】 
    市川染五郎 / 高橋大輔 / 荒川静香 / 市川笑也 / 澤村宗之助 / 大谷廣太郎 / 中村亀鶴 / 鈴木明子 / 織田信成 / 浅田舞
  • 【音楽】 
    DRUM TAO
  • 【演出】 
    teamLAB

インタビュー動画

荒川静香さん

市川染五郎さん

織田信成さん

浅田舞さん

鈴木明子さん

高橋大輔さん

チケット情報

席種 料金
アリーナ席 \26,000
スタンドSS席 \18,000
スタンドS席 \16,000
スタンドA席 \9,000
車椅子席 \9,000

チケット好評発売中!