HOME HOME
初めての方へ 初めての方へ 会員登録 会員登録 会員情報変更 会員情報変更 お問合せ お問合せ 申込み状況照会 申込み状況照会
e+SPORTS
公演検索
条件を絞って検索 条件検索
BASEBALL SOCCER BATTLE RUGBY BASKETBALL MOTORSPORTS
e+SPORTS 独占インタビュー!
<木村選手&二見社長 合同インタビュー>“美女vs野獣”対決では、肉体のぶつかり合いを見て!
──知り合ったのは何時ですか。

[二見]木村さんが一時WMFのスタッフで働いてて、チケットの配券で来たのが最初です。
 

──どうでしたその時の印象は。

[二見]凄く腰の低い方でびっくりした。正直な話し、この業界生意気な営業が多いからね(笑)。

[木村]誰ですか?

[二見]これ言っていいの?

──いやいや(笑)。

木村選手&二見社長
[二見]どうすれば売れるのかとか積極的に聞いてきて、研究熱心な子でしたね。

[木村]自分は怖いという噂は何回か聞いていて、実際会ってみて優しいじゃん(笑)みたいな。
ポスターにミスがあって、平気で修正ペンを借りたり、テープを忘れて借りたりして、その最中冗談を言ったりするんですよ!イメージとは違いましたね。

[二見]当時手伝いの仲間がいて、プロレス界営業スタッフ好感度ベスト10を作っていました。それの2位に木村さんはランキングしてました(笑)。

[木村]そんなの作っていたんですか(笑)。1位は誰ですか?

[二見]元パンクラスの○○さん!

──真面目な話しに戻しましょう(笑)。前回は、木村選手を逆指名という形で抜擢しましたが。

[二見]人柄もポイントですが、選手としてJWPに留まらず全体を見回しても異色な存在ですよね。オールスター戦的な興行で木村選手は外せないでしょう。

──高評価で抜擢されてどう思いましたか。

[木村]嬉しいですが、そこまで評価していただいている割には、指名が(05年)6月の終わりで遅いですよ!

[二見]焦らすのが好きなんで(笑)。

[木村]ファン投票でも自分の名前が上位になくて、切実に名前を売らないと思いましたね。

──そして木村vs華名戦という、新世代対決で話題を呼びましたが。

[二見]これは(05年)1月に他団体で一度組まれましたが、華名選手の怪我で一度流れているんですよ。その前からこの対決はピックアップをしていて、そこで実現していたらT‐1ではやらなかったと思うので、何か運命みたいのを感じます。

[木村]自分的には盛り上がってた所で流れて、T‐1グランプリでもう一度と言われても微妙でしたね...もっと強い選手とやらせろ!みたいな(笑)。
木村選手&二見社長 ──その華名選手に負けてしまいましたが。

[木村]全然相手にしてなかったけど、視野に入れなければ行けなくなりました。

[二見]木村さんが8割方押してて逆転負けでしたね。

[木村]そういった所も含めて、研究してましたね。

──華名戦での反省点はありますか。当然リベンジも考えていると思いますが。
[木村]舐めていました。リベンジは勿論ですよ!現在格闘美のリングに上がっているのも、それが狙いですから。

──今回第2回大会ですが、木村さんは数少ない2大会連続参戦ですよ。

[木村]それは、私を参戦させないと成功しないからですよ!(一同笑)

──二見社長、頼もしい発言ですが。

[二見]イケイケでいいですね。大会前から成功間違いなしですか!(笑)

──対大向戦には、美女か野人か ビューティーアスリートvsヒューマンビーストと斬新なサブタイトルが付けられていますが。

[二見]本当は木村選手に美女と付けたかったんですが(一同笑)。先輩を立てて大向さんをビューティーにしました。

[木村]タイトルからして初めて見る人でも分かりやすいじゃないですか。美しい美女を食い尽くします。

──木村vs大向戦の見所。

[木村]大向選手は、“ホンモノのビジュアル系”だと思います。私と大向選手、二人とも、肉体的に説得するプロレスラー同士なので、そのぶつかり合いを見ていただければ。

[二見]そういった意味では大向選手は元祖ビジュアル系ですね。やっぱり舐められてはいけないじゃないですか。肉体で説得力ある選手が少なくなっているので、そういったのを出してくれれば。

──大向戦の勝算は。

[木村]戦う以上は、5分5分と思っています。(勝つ)自信はあります。勝つことを頭に置いて行きます!

[二見]キャラクターに関しては、言うことないと思います。試合については、前回の「対華名戦」では、見られなかった“+α”そして、JWP時代との違いを見せて欲しい。どれだけ大向選手を“切れさせ”、“本気にさせることが出来るか”が、この試合のポイントだと思います。
 

──この試合をオープニングマッチで行うそうですが、前回も木村選手はオープニングでしたが。

[二見]第3者のステージなんで、最初が肝心です。信頼している両選手に託したいと思いました。

[木村]大向選手が会見で、オープニングでもメインでも構わないと横で聞いてて、かっこいいと思ったし、その通りだと思った。

[二見]前回オープニングを拒否した、誰かさんと違って大向さんは懐が大きいね(笑)

木村選手&二見社長

──(笑)その大向選手は今大会のテーマに「二見超え」と明言しましたが、木村選手はどうですか。

[木村]二見さんを超えるように、とりあえずサングラスを探してみます!(一同笑)

[二見]サングラス姿の木村選手は見たい(笑)。

──木村選手の魅力はどういう所ですか。

[二見]どっちかの選手が多いんですよ!実力があっても喋りが下手であったり、逆に喋りがうまくても実力がイマイチ。両方備わっているいるのが、最大の魅力ですね。プロなんでビックマウスは大いに結構だと思いますよ。そうやっていい意味でプレッシャーにもなると思う。

──第3者主催のT‐1グランプリに対する期待度は。

[木村]団体でない第3者だからこそ、実現できる斬新なカードを提供する所。あと話題作りがうまいですね。

──二見節ですね(笑)。今回も二見ワールド全開で行きますか?

[二見]あえて前面に立っている。俺を超えてみろ!と。

[木村]遠慮しておきます(笑)。

──木村選手の二見社長への要望を聞かせてください。

[木村]あんまり怒らないで下さい(笑)。あとはもう倒れないで下さい。

[二見]ファンは切れる二見が見たいと(一同笑)。

[木村]大向選手は切れても美しいけど、二見さんのは美しくないですよ(笑)。

──二見社長、「第3回大会」開催の可能性はありますか?また、木村選手は、第3回大会があったらどの選手と闘いたいですか?

[二見]この先の展望も考えていますが、今大会を成功してからですね。ファンが望むなら継続して行きたい。

[木村]2・23(木)に、大向美智子選手との試合(第2回大会)で、満足のいく結果が出たら、その時二見さんに直談判します!

──大会の成功と木村選手の活躍を期待しております。

▲ PAGE TOP
<木村選手&二見社長 合同インタビュー>“美女vs野獣”対決では、肉体のぶつかり合いを見て!

二見 理
二見 理
チケット&トラベルT‐1代表取締役社長
1969年1月15日生まれ 神奈川県横浜市出身
95年8月23日26歳でチケット&トラベルT‐1設立。
前会社からの付き合いでUWFインターのチケットを中心に、プロレス部門の業績を伸ばす。
98年に全女松永高志会長との出会いで、女子プロレスに理解を示す。
その後、数々の女子プロレスラーのサイン会を開催する。
05年8月23日に創業10周年記念大会、業界初の第3者による、女子プロレスオールスター戦『T‐1グランプリ』を後楽園ホールにて開催。
一石を投じた大会として、関係者の間では賞賛する声が多い。
きたる2月23日に第2回「T‐1グランプリ」新宿FACE大会を開催。
起死回生となるかどうか、二見氏の手腕に期待したい。
Ticket Infomation
当日券2000円UPの所、引き換え券は前売り料金で買えます。早くも伝説の興行としてファンの記憶に深く刻まれでいるT−1GP。お勧めは、永島千佳世vs米山香織戦。実力者同士の職人対決を見逃したら後で後悔します。リアルT−1プロレス6人タッグに堀田祐美子が電撃参戦!波乱の予感。何より主催者T−1二見社長の動向にも注目。試合前の入場式からエンディングまで見逃すな!
チケットのお申込みはこちら
Present

【注目!】今回、独占インタビューを、木村響子選手の直筆サイン入り色紙(イ
ラスト入りだよ!)を1名様に、また、木村選手の激闘試合(1・29『息吹』)
のカラー掲載頁に直筆サインを入れてくれたプロレス専門誌を1名様にプレゼン
トします!どしどし、ご応募をお待ちしております。
(応募にはイープラスの会員登録が必要です)
※3/3(金)まで受付。尚、プレゼント品のご指定は出来ませんので、ご了承くだ
さい。

プレゼントに応募する
BACK
SPORTS TOP


メールマガジン
お気に入り登録
チケット配送
公演中止・延期のお知らせ
会場案内



会社情報求人情報利用規約サイトマッププライバシーポリシー
 
Copyright 2000-2005 Entertainment Plus Inc. All Rights Reserved.