ヴェルディ・イヤーの真打。イタリア・オペラの殿堂にして、世界が認める“ヴェルディの劇場”!
ミラノ・スカラ座 2013年日本公演〈ヴェルディ生誕200年祭

「ファルスタッフ」 全3幕  ジュゼッペ・ヴェルディ作曲

「リゴレット」 全3幕  ジュゼッペ・ヴェルディ作曲

第2次発売 7/20(土)10:00より開始!これを 記念して、
スカラ座の公式スパークリング・ワイン「ベラヴィスタ」フランチャコルタ・キュヴェ・ブリュットをプレゼント!

<お土産付きチケット>
受付期間:7/20(土)10:00~8/5(月)18:00


期間内にS,A,B席をご購入いただいた方に上記特典をプレゼントいたします。
引き渡し方法:特典はご購入いただいた公演終了時に会場にて引換いたします。
※ベラヴィスタの商品説明につきましては、エノテカ・オンラインサイトをご参照ください。

さらに、チケット受取りを配送を選択されたお客様には、オリジナルミニブックをプレゼントいたします!
ミニブックは別途お送りいたします。
ミニブック:<ヴェルディ生誕200年祭>もっと面白くなる!公演演目「ファルスタッフ」「リゴレット」の見どころ、ストーリー、出演者などをわかりやすく詳細に紹介。相関図もあったり、聴きどころの名アリアなどの解説も。事前にこれを読めばオペラがもっと面白くなること請け合い!

上記の特典をご希望の方は【お土産付き2次発売】受付よりお申込みください。
そのほかの席種をご希望の方は一般発売受付よりご確認ください。
(2次発売は公演日、券種によりご用意できない場合がございますので予めご了承ください。)

【お土産付き2次発売】対象席種:S、A、B席
≫「ファルスタッフ」全3幕はこちら  ≫「リゴレット」全3幕はこちら

2次発売【S、A、B席以外の席を】ご希望はこちらから
≫「ファルスタッフ」全3幕はこちら  ≫「リゴレット」全3幕はこちら

新着情報

ヴェルディ生誕200年を祝してイタリア・オペラの殿堂ミラノ・スカラ座が来日

イタリア・オペラの巨星、ジュゼッペ・ヴェルディの生誕200年を祝して、ミラノ・スカラ座が彼の2つの傑作を日本の聴衆に披露する。今回、スカラ座は、ヴェルディ最後のオペラ「ファルスタッフ」と名アリア満載の「リゴレット」を、21世紀の音楽界を担う2人の若き巨匠、ダニエル・ハーディング(1975年生まれ)とグスターボ・ドゥダメル(1981年生まれ)に託した。「ファルスタッフ」でのロバート・カーセンのスタイリッシュな演出、「リゴレット」でのジルベール・デフロのゴージャスな舞台も楽しみだ。キャストは、バルバラ・フリットリ、エレーナ・モシュク、ダニエラ・バルチェッローナ、レオ・ヌッチ、アンブロージョ・マエストリほか、という豪華さ。もちろん、オーケストラと合唱の素晴らしさはイタリア・オペラの醍醐味を満喫させてくれるに違いない。まさにイタリア・オペラの殿堂の威信をかけた名舞台が繰り広げられることだろう。

▲このページのトップへ

「ファルスタッフ」 全3幕  ジュゼッペ・ヴェルディ作曲

【上演時間:約2時間50分/ 休憩1回含む】

「ファルスタッフ」では、まず、美しくモダンな舞台で何かを考えさせるロバート・カーセンの演出に注目。若きマエストロ、ダニエル・ハーディングは、既にスカラ座の信頼も厚い。現代最高のファルスタッフ歌いといわれるアンブロージョ・マエストリやイタリアを代表する人気ソプラノ、バルバラ・フリットリなど、キャストも万全だ。

>公式サイトはこちら

  • 指揮:ダニエル・ハーディング

  • 演出:ロバート・カーセン
  • 美術:ポール・スタインバーグ
  • 衣裳:ブリギッテ・ライフェンシュトゥエル
  • 照明:ロバート・カーセン、ペーター・ヴァン・プラート

【公演日】

  • 9月4日(水)6:30p.m.
  • 9月6日(金)6:30p.m.
  • 9月8日(日)3:00p.m.
  • 9月12日(木)3:00p.m.
  • 9月14日(土)3:00p.m.

【会場】

  • 東京文化会館 (東京都)

【CAST】

  • サー・ジョン・ファルスタッフ:アンブロージョ・マエストリ
  • フォード:ファビオ・カピタヌッチ(9/4・8・14)
  •       マッシモ・カヴァレッティ(9/6・12)
  • フェントン:アントニオ・ポーリ
  • アリーチェ:バルバラ・フリットリ
  • ナンネッタ:イリーナ・ルング
  • メグ:ラウラ・ポルヴェレッリ
  • クイックリー夫人:ダニエラ・バルチェッローナ

  • ミラノ・スカラ座管弦楽団
  • ミラノ・スカラ座合唱団
ダニエル・ハーディング
アンブロージョ・マエストリ
ファビオ・カピタヌッチ
マッシモ・カヴァレッティ
アントニオ・ポーリ
バルバラ・フリットリ
イリーナ・ルング
ラウラ・ポルヴェレッリ
ダニエラ・バルチェッローナ

「リゴレット」 全3幕  ジュゼッペ・ヴェルディ作曲

【上演時間:約3時間15分/ 休憩2回含む】

アリア「女心の歌」をはじめとして日本でも古くからお馴染みの「リゴレット」。イタリアの至宝、レオ・ヌッチ、チャーミングなエレーナ・モシュク、若き天才指揮者グスターヴォ・ドゥダメル、そしてスカラ座のオーケストラと合唱が揃えば、最高の「リゴレット」となるのは間違いない。

>公式サイトはこちら

  • 指揮:グスターボ・ドゥダメル

  • 演出:ジルベール・デフロ
  • 美術:エツィオ・フリジェリオ
  • 衣裳:フランカ・スクァルチャピーノ

【公演日】

  • 9月9日(月)6:30p.m.
  • 9月11日(水)3:00p.m.
  • 9月13日(金)6:30p.m.
  • 9月15日(日)1:00p.m.

【会場】

  • NHKホール(東京都)

【CAST】

  • マントヴァ公爵:フランチェスコ・デムーロ(9/9、13)
  •          ジョルジョ・ベッルージ(9/11、15)
  • リゴレット:レオ・ヌッチ(9/9、11、15)
  •       ゲオルグ・ガグニーゼ(9/13)
  • ジルダ:エレーナ・モシュク(9/9、13)
  •     マリア・アレハンドレス(9/11、15)
  • スパラフチーレ:アレクサンドル・ツィムバリュク
  • マッダレーナ:ケテワン・ケモクリーゼ

  • ミラノ・スカラ座管弦楽団
  • ミラノ・スカラ座合唱団
  • ミラノ・スカラ座バレエ団
グスターボ・ドゥダメル
フランチェスコ・
デムーロ
ジョルジョ・ベッルージ
レオ・ヌッチ
ゲオルグ・ガグニーゼ
エレーナ・モシュク
マリア・アレハンドレス
アレクサンドル・
ツィムバリュク
ケテワン・ケモクリーゼ