イープラスTOP

公演スケジュールはこちら

佐渡 裕指揮 BBCフィルハーモニック日本ツアー 2013 ピアノ:辻井伸行

新着情報

今回の日本ツアーの特別な意味~公演のみどころとは!

 佐渡裕&BBCフィルハーモニックが2年ぶりに来日する。同フィルは、マンチェスターを本拠地とする、英国国営放送(BBC)のオーケストラ。佐渡裕とは2007年から共演を重ねている。2011年3月に来日していた彼らは、西日本での公演を終え、横浜でコンサートをひらこうとしていたその当日、東日本大震災に遭い、結局、横浜、東京など東日本での公演を中止せざるをえなくなった。そんな彼らにとって今回の日本ツアーは特別な意味を持つに違いない。そして2年前のツアーの独奏者であった辻井伸行が今回も参加する。

 テレビ番組「題名のない音楽会」の司会でもお馴染みの佐渡裕は、昨年5月にベルリン・フィル・デビューするなど、ますます国際的な評価を高めている。辻井は、2009年のヴァン・クライバーン国際ピアノ・コンクールでの優勝後、華々しい活躍をしている。今年7月には、サンクトペテルブルクの白夜祭に招かれ、ゲルギエフ&マリインスキー劇場管弦楽団とチャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番を共演し、大きな成功を収めた。今回のツアーでは、佐渡裕とCD録音も残しているラフマニノフとチャイコフスキーの協奏曲を弾く。絶好調の佐渡とともに、著しい成長を遂げている辻井の演奏が楽しみだ。

公演スケジュール

公演日 会場 プログラム
4/11(木)18:30 りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館 A
4/12(金)18:30 ホクト文化ホール B
4/13(土)16:00 コラニー文化ホール(山梨県立県民文化ホール) B
4/15(月)19:00 アクトシティ浜松 大ホール B
4/16(火)19:00 兵庫県立芸術文化センター A
4/17(水)19:00 フェスティバルホール A
4/18(木)19:00 フェスティバルホール B
4/20(土)15:00 東京文化会館 大ホール B
4/21(日)15:00 NHKホール A
4/22(月)18:30 愛知県芸術劇場コンサートホール B
4/23(火)19:00 サントリーホール A
4/25(木)19:00 札幌コンサートホールKitara A

プログラム

このページのトップへ

プロフィール

佐渡 裕

 京都市立芸術大学を卒業後、1987年のタングルウッド音楽祭に参加。その後、故レナード・バーンスタイン、小澤征爾らに師事。1989年、ブザンソン指揮者コンクールで優勝。1995年、第1回レナード・バーンスタイン・エルサレム国際指揮者コンクールで優勝、「レナード・バーンスタイン桂冠指揮者」の称号を授与される。
現在ヨーロッパの拠点をベルリンに置き、パリ管弦楽団、フランス国立管弦楽団、スイス・ロマンド管弦楽団、ケルン放送交響楽団、ベルリン・ドイツ交響楽団、バイエルン放送交響楽団、ドレスデン国立歌劇場管弦楽団、RAIトリノ・イタリア放送交響楽団、ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団などヨーロッパにて一流オーケストラへの客演を毎年多数重ねている。海外でのオペラ公演でも実績を重ねており、07年「オランジュ音楽祭」でのプッチーニ作曲「蝶々夫人」公演(演奏:スイス・ロマンド管弦楽団)や10年トリノ王立歌劇場でのブリテン作曲「ピーター・グライムス」などがある。2011年5月にはバイエルン国立歌劇場管弦楽団、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の定期演奏会にデビューを果たし、ドイツを中心に今後の活躍が一層期待されている。
国内では兵庫県立芸術文化センター芸術監督、シエナ・ウインド・オーケストラの首席指揮者を務めるほか、「題名のない音楽会」(テレビ朝日系列)の司会者を務めている。CDも多数あり、「チャイコフスキーピアノ協奏曲第1番(BBCフィルハーモニック/ピアノ辻井伸行)」「佐渡裕 ベルリン・フィル・デビューLIVE」などの海外オーケストラとの共演の他、最新盤として2012年8月リリースされた「ベートーヴェン交響曲第7番(ベルリン・ドイツ交響楽団)」、シエナ・ウインド・オーケストラとの「タルカス」がある。著書に「僕はいかにして指揮者になったのか」(新潮文庫)、「僕が大人になったら」(PHP文庫)などがある。

佐渡 裕

佐渡裕オフィシャルサイトについて

佐渡裕 オフィシャルファンサイトは、PC/携帯で利用できる、無料サービスです。サイト登録された方には、以下の会員特典を準備しています。
・チケットの先行受付
・佐渡裕最新情報をGET

辻井伸行

辻井伸行

 1988年、東京生まれ。早くからピアノの才能を表し、7歳で「全日本盲学生音楽コンクール」ピアノの部で第1位入賞。2000年にソロ・リサイタル・デビュー。2005年のショパン国際ピアノ・コンクールに最年少で参加し、「批評家賞」を受賞した。
2009年6月に、ヴァン・クライバーン国際ピアノ・コンクールで優勝し、国際的に注目される。2011年、ニューヨークのカーネギーホールにデビューし、大きな成功を収めた。2012年には、アシュケナージ指揮フィルハーモニア管弦楽団と共演してロンドン・デビューを飾ったほか、サンクトペテルブルクの白夜祭に招かれ、ゲルギエフ指揮マリインスキー劇場管弦楽団とチャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番を共演した。CD録音には、佐渡裕指揮ベルリン・ドイツ交響楽団とのラフマニノフのピアノ協奏曲第2番、佐渡裕指揮BBCフィルハーモニックとのチャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番などがある。
幼少時代から作曲も行い、近年では、映画やドラマの音楽も担う。自作自演アルバムもある。上野学園大学演奏家コースで横山幸雄、田部京子らに師事。2011年3月に卒業。

BBCフィルハーモニック

 BBCフィルハーモニックは、英国国営放送(BBC)が擁する6つの演奏団体の一つで、英国内、海外で広く活動をしている英国の主要オーケストラの一つである。2011年これまでの本拠地マンチェスターから、サルフォードキーズに構えるBBC全体の新しい本拠地、MediaCityUKに活動拠点を移し、演奏の質と幅広いレパートリーに高い評価を受けており、マンチェスターが誇るブリッジウォーターホールで年20回ほどの演奏会を行う他、コンサートの多くはBBCラジオ3で生放送もしくは録音で放送されている。1934年にBBCノーザン・オーケストラとして設立され、1982年に現在の名称に変更。2002年から首席指揮者を務めたジャナンドレア・ノセダは2011年桂冠指揮者なり、現在はスペイン人指揮者フアンホ・メナが首席指揮者を、ヨーン・ストゥールゴーが首席客演指揮者を務めている。シャンドスレーベルと専属契約を結び、これまで200枚以上のアルバムを発表している。佐渡裕は2007年10月に初共演して以来、毎シーズン客演し信頼関係を深めて来た。日本には2004年、2008年にノセダと、2011年に佐渡裕との共演で来日している。

BBCフィルハーモニック

このページのトップへ