イープラスTOP

初日公演レポート!初来日ミュージカルの感動を共有!

■草刈民代さん
・「ノートルダム・ド・パリ」のバレエを観たことがあるので、照らし合わせて観ていた。
・昔は情緒的な踊りが主であったが、このミュージカルでは非常にダイナミックなダンスを見せてくれた。
 とても現代的で、踊りも変わってきていると実感した。
・エスメラルダが力強く生きることを歌い上げる一番の場面が、今回の見所。ぜひ皆さんに観てほしい。

■道端カレンさん
・とても面白く、愛について考えた。人を愛するには自分だけでなく周りの人のことも考えなければいけないと感じた。
・アクロバティックな踊りが特徴的だし、歌と踊りのバランスが本当に素晴らしかった。
・ダンスは非常に迫力があり、細胞から踊っている感じが伝わってきた。もう一度観たい。

■生島ヒロシさん
・ミュージカルを見て疲れが一気に吹き飛んだ。特に前半の歌声には圧倒された。
・ジプシーを解放する場面に最も感動し、登場人物の心の中の葛藤などが伝わってきた。
・若い方はもちろん、日常の感動を忘れている人に見てほしい。中高年の皆さんにも観て頂いて、愛を感じてほしい。

■真行寺君枝さん
・あまりミュージカルを見たことがなかったが、とても素晴らしかった。2時間半、素敵な体験をさせて頂いた。

新着情報

3/8(金)

初日観劇レポート!


3/6(水)

来日ミュージカル『ノートルダム・ド・パリ』作曲のリシャール・コッシアンテに突撃インタビュー


2/28(木)

必読!「緊急座談会~ミュージカル『ノートルダム・ド・パリ』の魅力を語り合う!」

インデックスページはこちら

2/6(水)

まもなく開幕!ミュージカル「ノートルダム・ド・パリ」

来日キャストによるインタビューをお届けします!
来日キャストによるミニライブをレポート!

e+MOVIE「ミュージカル『ノートルダム・ド・パリ』」にてイベントや座談会等の動画公開中

ミュージカル『ノートルダム・ド・パリ』動画一覧はこちら

ミュージカル 「ノートルダム・ド・パリ」とは

アニメーション『ノートルダムの鐘』の原作でもある、ヴィクトル・ユーゴーの小説『ノートルダム・ド・パリ』を、リュック・プラモンドン(作詞)、リシャール・コッシアンテ(作曲)がミュージカル化。
1998年のパリ初演以来、世界15カ国で上演され、約800万人が涙した フランス版ミュージカルが初来日。ロック、ポップス、ラテンなどの様々な要素を取り入れた50曲を超える楽曲と、クラシック、モダン、ストリートなど多彩な ダンスで物語を展開する。映画『タイタニック』の主題歌「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」などでアカデミー賞、グラミー賞に輝くウィル・ジェニングスの英語訳詞にも注目。

ムービーでショーを体験!

CM→ プロモーション動画  テキストテキストテキスト→ 迫力の公演をダイジェスト版で体験!


  • STORY

    あたえる愛 罪深き愛 宿命
    心を揺さぶる、狂おしいほどの愛の物語
    原作は、『レ・ミゼラブル』で知られるヴィクトル・ユーゴーの小説『ノートルダム・ド・パリ』。愛に生き、愛ゆえに運命を狂わせてしまう男女の哀切なラブストーリーを、台詞を交えず、歌とダンスのみでパワフルに表現するスタイルは、観る者の感情に強く訴えかけ、世界中の観客を虜に。


  • DANCE

    壁面や空中で展開する
    アクロバティックな演技は圧巻
    ロック、ポップス、ラテンなどの要素を取り入れた美しくエモーショナルな音楽は、今作の最大の魅力。50曲以上の歌で綴るステージは、ライブコンサートのような楽しさもあり、ここから数々のヒット曲が生まれている。今回上演する英語版は、映画『タイタニック』の主題歌セリーヌ・ディオンの『マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン』でアカデミー賞とグラミー賞を総なめにしたウィル・ジェニングスが訳詞を担当。


  • MUSIC

    ヒット曲満載!
    美しくエモーショナルな
    極上のミュージカルナンバー
    歌とダンスを完全に分業化。総勢20名以上の鍛え抜かれたダンサーたちが、コンテンポラリーダンスとアクロバティックなパフォーマンスを披露。高い壁や、吊り下げられた鐘を効果的に使って、空間を縦横無尽に駆けめぐるパフォーマンスは、息をのむほどの迫力だ。

ストーリー

 15世紀末のパリに流れ着いたジプシーの一団のなかに、エスメラルダという娘がいた。妖艶な美しさと純粋な心をあわせ持つエスメラルダに、多くの男たちが想いをよせる。そのなかには、近衛隊長のフェビュス、ノートルダム大聖堂の司教フロロ、そして孤独な鐘つき男のカジモドがいた。婚約者のいる身でありながらエスメラルダに惹かれていくフェビュスと、聖職者として許されない感情にさいなまれるフロロ、そして己の醜さを呪いながらも、一途な恋心を募らせていくカジモド。
3人の男たちの愛と欲望が渦巻くなか、エスメラルダの想いはフェビュスにあった。しかしある夜、エスメラルダと密会したフェビュスが何者かに刺され、罪を着せられたエスメラルダは投獄されてしまう。カジモドはエスメラルダを救出し、ノートルダム大聖堂にかくまうのだが、パリでは暴動が起きていた。混乱のなか、再び捕らえられたエスメラルダに死刑が宣告される。そして―――

【作詞】リュック・プラモンドン 【作曲】リシャール・コッシアンテ 【英語詞】ウィル・ジェニングス
【演出】ジル・マウ 【原作】ヴィクトル・ユーゴー 【企画】:Enzo Products Ltd.

  • アレサンドラ・フェラーリ
    エスメラルダ役

  • マット・ローラン
    カジモド役

  • ロバート・マリアン
    フロロ役

  • リシャール・シャーレ
    グランゴワール役

  • イヴァン・ペドノー
    フェビュス役

  • イアン・カーライル
    クロパン役

  • エリシア・マッケンジー
    フルール・ド・リス役

※出演者が変更になる場合がございます。予めご了承下さい。

アレサンドラ・フェラーリ

アレサンドラ・フェラーリ/エスメラルダ役

4歳からピアノとダンスを学ぶ。2007年に作曲家リシャール・コッシアンテにより、ミュージカル『ロミオとジュリエット』のジュリエット役に抜擢され、ミュージカルデビューを果たす。2009年より、1950~80年代のロック音楽とダイナミックな映像の共演で話題を呼んだ、ダニー・ローズのプロジェクト『ダンス・イマジネーション』『ロック・レボリューション』等に参加。2011年のイタリア公演より、本作『ノートルダム・ド・パリ』でエスメラルダ役を務めている。

マット・ローラン

マット・ローラン/カジモド役

カナダにて、『ノートルダム・ド・パリ』、『ロミオとジュリエット』、『星の王子さま』、『ドラキュラ』などのヒットミュージカルに出演し、経験を積む。 一方、ロックバンド「ラ・カシーヌ」のメインヴォーカル兼作曲、バンド「Lucky Uku」のヴォーカル・ギター・ウクレレ担当をつとめるなど、音楽シーンでの幅広い活躍も注目を集めている。歌手シルヴァン・コセットやアンドレ・ワターのアルバムに参加した経験を持つ。

ロバート・マリアン

ロバート・マリアン/フロロ役

『レ・ミゼラブル』のモントリオール公演、パリ公演、ロンドン公演、ブロードウェイ公演でジャン・ヴァルジャンを演じた他、『ノートルダム・ド・パリ』のモントリオール公演、パリ公演、アジア公演でのフロロ役、『ドン・ジュアン』のモントリオール公演、ソウル公演でドン・カルロ役を務めるなど、世界各地で数々の名作ミュージカルに主要キャストとして出演。カナダでは、数々のテレビドラマへも出演しており、TVシリーズ「Lance et compte 1~3」で一躍人気となった。『レ・ミゼラブル』パリ公演キャスト版CDに参加。

リシャール・シャーレ

リシャール・シャーレ/グランゴワール役

『ノートルダム・ド・パリ』の世界ツアーにフェビュス役およびグランゴワール役として参加し、ヨーロッパ、北米、アジア、中東などで540回を超える公演に出演。映画『コーラス』のクリストフ・バラティエ監督が手がけた、*ジョー・ダッサン没後30周年記念ミュージカル『Il était une fois ... Joe Dassin』に歌手、ギタリスト、語り手として、フランス、ベルギー、スイス、ウクライナ、モスクワ公演に出演。
*「オー・シャンゼリゼ」をヒットさせたフレンチポップス歌手

イヴァン・ペドノー

イヴァン・ペドノー/フェビュス役

ケベック州出身の歌手、俳優、音楽家。ロック・オペラ『レント』のオランピア公演でデビューを果たした後、大ヒットミュージカル『ウィー・ウィル・ロック・ユー』でガリレオを演じ、カナダのトニー賞にあたる、ドラ・メーヴァー・ムーア賞を受賞。現在、ブライアン・メイとロジャー・テイラーのプロデュースによるクイーンのトリビュートショー『ザ・クイーン・エクストラヴァガンザ』の北米ツアーにヴォーカリストとして参加している。

イアン・カーライル

イアン・カーライル/クロパン役

ロンドン生まれ。『ライオン・キング』でウェスト・エンドデビューを果たした。『ポーギーとベス』に出演した他、『ミス・サイゴン』の全英ツアーに参加。3年間にわたりロンドンのドミニオン劇場にて『ウィー・ウィル・ロック・ユー』のブリット役を務めた。

エリシア・マッケンジー

エリシア・マッケンジー/フルール・ド・リス役

『ロック・オブ・エイジズ』のシェリー役でカナダプルミエ公演及びブロードウェイ・ミュージカル版の初全米ツアーに参加。 『サウンド・オブ・ミュージック』のマリア役で北米プルミエ公演に出演し、ドラ・メーヴァー・ムーア主演女優賞を受賞。その他、主な出演作に『オズの魔法使い』(ドロシー役)、ディズニーの『ハイスクール・ミュージカル』(ガブリエラ役)、『イントゥ・ザ・ウッズ』(シンデレラ役)など。