Living Room MUSICAL(リビングルームミュージカル)

リビングルームミュージカル
第4弾
~ルナティック狂詩曲~
月と星と花にいた人びと

大好評『リビングルームミュージカル』シリーズ第4弾は、夏の終わりを飾るのに相応しいパッショネイトでちょっぴりセンチメンタルな夢のひと時。
ここは渋谷の、秘密のシアターレストラン。昼夜問わず魅惑のショーが繰り広げられるこの店に迷い込んだのは、例年にない夏の暑さで記憶を無くしたひとりの女優。不思議な店員たちと歌い、踊り、記憶を辿りながら出逢ったほんとうの自分とは…?

元宝塚月組トップ娘役の蒼乃夕妃、そして妃白ゆあ、花陽みくが歌い、 元男役スターの月央和沙、貴千碧のスペシャルダンサーふたりが競演、 そしてミュージカル界期待の歌手岡本悠紀、マルチプレイヤー田川景一、プリンス山田元が華を添えます。また、数々のCMやTV番組の振付を手がけ、国内外の舞台メディアで活躍する身体表現家、パーツ・イシバのパントマイムまで…

かつて大劇場で鍛え抜いた「魅せる」テクニックと「今」しか魅せられない輝きを、粒ぞろいの男性キャストとともに『スカーレット・ピンパーネル』『ロミオとジュリエット』『真夏の夜の夢』『エリザベート』『モーツァルト!』をはじめ、J-POP、クラシック、ジャズの名曲もふんだんに一丸となって贅沢にお届けします。一日限りの打ち上げ花火のような夏の競演をお見逃しなく…。

チケットはこちら

過去公演より

▼第一回公演

▼第二回公演

  • ダイニング
  • パティオ&ステージ
  • ダイニング
  • ダイニング
  • パティオ&ステージ
  • リビング
  • ダイニング
  • ダイニング
  • パティオ&ステージ

Photo by 上溝 恭香

チケット情報

  • VIP席¥9,000/S席¥7,000/A席¥5,000/サイドバック席¥3,000
  • (税込、飲食代1フード1ドリンク別途)
    ※演出によっては見切れる可能性あり
    ※昼公演はメディア・関係者の撮影が入ります
    ※VIP席はLRM特製お土産付き
    ※昼公演のS席のみ 夏休みスペシャル学生割引(¥2,000キャッシュバック)あり。
    当日「学割受付」にて学生証等提示ください。昼公演S席のみ適用となります。
席種

販売スケジュール

[プレオーダー] 8/4(土)12:00〜8/7(火)23:59
[一般発売] 8/10(金)20:00~

※未就学児童入場不可
※お席は相席となる場合がございます。
※別途飲食代1フード1ドリンク必須
※サイドバック席は、ステージ横またはステージ後方のお席となります。
※当店舗の環境、立地の関係上、周辺店舗の営業状況や催しの内容により、騒音、振動の影響がある場合があります。予めご了承ください。

公演概要

[公演情報]

8/27(月)<昼公演>
open13:00 start14:00 終了予定 15:30
8/27(月)<夜公演>
open18:30 start19:30 終了予定 21:00

[会場]

eplus LIVING ROOM CAFE & DINING
東京都渋谷区道玄坂2-29-5 渋谷プライム5F

[出演者]

蒼乃夕妃 妃白ゆあ 花陽みく 貴千碧 月央和沙 / 岡本悠紀 田川景一 山田元 パーツ・イシバ

蒼乃 夕妃

蒼乃夕妃 YUKI AONO

岡山県出身。2004年に宝塚歌劇団に入団し、『スサノオ/タカラヅカ・グローリー!』で初舞台を踏む。『アンナ・カレーニナ』『コインブラ物語』などでヒロインを演じ、2010年、『スカーレット・ピンパーネル』で月組のトップ娘役に就任。2012年、『エドワード8世―王冠を賭けた恋―/Misty Station―霧の終着駅―』を最後に退団し、単身ニューヨークに渡りダンスを学ぶ。帰国後、『BAD GIRLS meets BAD BOYS』で活動を再開。最近の主な出演作に『CHICAGO』『アルジャーノンに花束を』『グレート・ギャツビー』『クレスト☆シザーズ』『THE CIRCUS』など

妃白 ゆあ

妃白ゆあ ひしろ ゆあ

1988年4月16日 生まれ。滋賀県出身。
2004年宝塚音楽学校入学。2006年3月、宝塚歌劇団に92期生として入団。宙組公演「NEVER SAY GOODBYE」で初舞台。その後、星組に配属。清楚で透明感のある歌声と、繊細で、表情豊かなダンスを得意とする。2016年 退団。
2017年夏よりミュージカル「キス・ミー・ケイト」(演出・振付/上島雪夫)に出演。現在全国ツアー中。
今秋に 「北翔海莉20th CHALLENGER!!」、来春に「ベルサイユのばら45」に出演する。

花陽みく

花陽みく はなひ みく

2007年、宝塚歌劇団入団。月組に花陽みらとして配属。下級生の頃より主要な役で活躍し、『ジプシー男爵』の新人公演でヒロインを務める。また、数々のショーでエトワールを務める。2016年退団。退団後も舞台を中心に活躍。主な出演作品に『minnako・太陽になった歌姫』、第29回『イゾラベッラコンサート』、『ベルサイユのバラ』『1789-バスティーユの恋人たち-』、『ロミオとジュリエット』『Minako-太陽になった歌姫-』『恐怖時代/多神教』などがある。

貴千碧

貴千碧 たかち あお

小学生の頃より劇団東俳に所属し連続テレビ小説や舞台に子役として出演。 2003年宝塚音楽学校入学。 卒業時、日本舞踊「花柳禄寿賞」受賞。2005年91期生として宝塚歌劇団入団。花組「マラケシュ 紅の墓標」「エンターザレビュー」で初舞台。同年月組配属。 ダンサーとして注目を集め、「エリザベート」黒天使役、「エドワード8世」新人公演、フレッド・アステア役を務め、「ロミオとジュリエット」「1789」「ダンシング・ヒーローズ」 等出演多数。2017年3月「グランドホテル」「カルーセル輪舞曲」東京公演千秋楽をもって宝塚歌劇団を退団。退団後は東京、大阪、西宮を中心にダンスレッスンを行い講師としても人気を博す。

月央和沙

月央和沙 つきお かずさ

元宝塚歌劇団花組 男役(2002~2014年在団) 早くからダンサーとして注目を浴び様々なダンスシーンで活躍、2014年5月ショー『宝塚夢幻』ではトップスター蘭寿とむとのデュエットダンスに抜擢される、 退団後は、大空祐飛主演『La Vie』 梅田芸術劇場10周年記念公演『SUPER GIFT』宝塚OGバージョン『CHICAGO』『エリザベートガラコンサート』『タンゴの世界』などの舞台に出演する他、世界的なダンサーKENTO MORIのDVDに出演や、宝塚歌劇団にて振り付け助手としても活躍中。その他都内ダンススタジオにてダンスの講師を務めるなど、活動の幅を広げている。

岡本悠紀

岡本悠紀

東京都出身。
学習院大学経済学部経営学科卒業。在学時はアメリカンフットボール部に所属。就活中に観た宝塚歌劇に憧れ、卒業後、尚美ミュージックカレッジにて演劇を学ぶ。絶対音感や体育会で培った身体能力を武器にミュージカルを中心に活動。 主な出演作に、『RENT』、『ミス・サイゴン』、『グレイト・ギャツビー』、『手紙』、『ミー&マイガール』、『ヴェローナの二紳士』、『ショウ・ボート』、『アダムス・ファミリー』、『愛の唄を歌おう』、『ハロー・ドーリー!』、『ザ・オダサク!』など。 8月現在『ゴースト』出演中。12月より『オン・ユア・フィート!』出演予定。

田川景一

田川景一 Keiichi Tagawa

福岡県出身。剣道は3段の腕前である。
その伸びのある高音を武器に数々のミュージカルに出演を果たしている。 主な出演作品には『She Loves Me』『Guys&Dolls』『ロックオペラ モーツァルト』『ファントム』『マリオネット』(主演ピエール役)『ミス・サイゴン』『レ・ミゼラブル』(モンパルナス役)などがある。
またミュージカルのみならず『ゴッドタン』マジ歌選手権新春SP&横浜アリーナ公演(テレビ東京)のバラエティやファミリーコンサートでは子供達と一緒に歌い踊るヴォーカルアーティストとして幅広い活動をしている。来年2019年には『レ・ミゼラブル』に再び出演が予定されている。

山田元

山田元 Gen Yamada

神奈川県出身。フラワーショップ勤務を経てミュージカル俳優を志し、フラワーアレンジメントを得意とする異色の経歴を持つ。2015年9月劇団四季オーディション合格。2016年1月劇団四季ミュージカル『リトルマーメイド』で本格デビュー、同年12月よりエリック役を務める。2017年7月東宝ミュージカル『ビューティフル』ではライチャス・ブラザース、ニール・セダカ等、実在のアーティストを好演。2016年9月4Men・ヴォーカルユニット"Adam’s"メンバーとしても活動を開始し2017年2月に東京、横浜にてファーストライブを開催のほか、「飛鳥Ⅱ」へゲストエンターテイナーとして乗船するなど音楽活動も展開している。

パーツ・イシバ

パーツ・イシバ

日本の演出振付家。 北海道・伊達生まれ。パントマイム、ダンス、ジャンルを越える身体表現家として国内外の舞台メディアで幅広い作品を手がけている。これまでの作品は、サントリー 伊右衛門 特茶、キリン 午後の紅茶、インテル ウルトラブック、宝塚歌劇団 アーサ王伝説、そしてNHK幼児・子ども向け番組の身体表現を担当。東京都生活文化局ヘブンアーティスト所属、宝塚歌劇団 パントマイム講師、葛飾区文化芸術団体代表、船橋市文化芸術専門家。

[演奏]

伊藤辰哉(いとう たつや)

Pf バンドマスター: 伊藤辰哉(いとう たつや)

ヤマハ音楽院エレクトーン科在学中よりピアニストとして活動を始める。
ロック・ポップス・ジャズ・シャンソン・演歌・舞台音楽など幅広いジャンルで毎年200本以上のステージに参加。歌に寄り添うピアノと持ち味の明るさで 幸せな音を届ける音楽活動を日々行っている。

向江陽子(むかえ ようこ)

Vl: 向江陽子(むかえ ようこ)

音楽家の両親の元、幼少期からピアノ、ヴァイオリンなど楽器を習う。東京都立芸術高校音楽科、私立洗足学園音楽大学卒業。
在学中より若草恵氏の元でスタジオミュージシャンの経験を積み、現在主に杉野裕氏のグループにて活動中。
オーケストラへの参加や、シンガーのサポート、ストリングスアレンジなどを手掛ける。
GalneryusやGoodbye holidayなどのバンドライブの時やGINZA SIXのCM、華原朋美のMVなどでバンマスを務める。

内田大輔(うちだだいすけ)

Bass: 内田大輔(うちだ だいすけ)

高校卒業後、専門学校『尚美ミュージックカレッジ』にて音楽理論、基本的な技術の習得。卒業後はセッションベーシストとして活動中。

坂入康仁(さかいりやすひと)

Drms: 坂入康仁(さかいり やすひと)

千葉県出身。中学高校の吹奏楽部で打楽器を担当。高校卒業後、尚美ミュージックカレッジ専門学校にてドラムを杉野寿之氏に師事。ドラマーとしての活動を始める。卒業後、幅広いジャンルで様々なアーティストのライブ、レコーディングに参加。ドラム講師として音楽教育にも力を入れる。

[構成・演出: 岡本寛子]

岡本寛子

岡本寛子コメント

「劇場よりも気軽に、かつ生のパフォーマンスをダイレクトに楽しめる、海外でいうシアターレストランのような空間を日本にも・・・とずっと考えていました。ジェンダー、働き方など様々な"境目"が無くなり既存の価値観が大きくシフトしてゆく今の世の中、ステージと客席の境目をなくしたスタイルで、日本のエンターテイメントシーンの新たな可能性を提案できれば。
お客様にとってはアーティスト達の実力にダイレクトに触れられる場として、アーティスト達にとっては、通常公演以上のパフォーマンスを直にアピールできる新しい"場"として、広く認知され、活用頂けるようになれば嬉しいです。」

ご来場のみなさまからの感想

  • ダイニング
  • パティオ&ステージ
  • リビング
  • ダイニング
  • パティオ&ステージ

[主催] イープラス/ムジカモモジカ
[共催] イープラス・ライブ・ワークス