イープラスTOP

米倉涼子、NY/ブロードウェイの『シカゴ』で主役デビューの快挙!アメリカ版カンパニーと共にこの夏、日本凱旋決定!!

米倉涼子、NYブロードウェイのミュージカル『シカゴ』で鮮烈デビュー!

 ニューヨーク・ブロードウェイで、女優・米倉涼子が現地時間の7月10日(日本時間の翌11日)、ミュージカル『シカゴ』の主役ロキシー役で主演デビューを飾った。日本人女優のブロードウェイ主演は54年ぶりの歴史的快挙。
 『シカゴ』は、現在ブロードウェイで続演16年目を誇る世界的ヒット作。禁酒法時代のシカゴを舞台に、二人の女殺人犯ロキシーとヴェルマが敏腕弁護士の手を借りて一躍マスコミの寵児となっていくさまを、ダンス満載でシニカルかつユーモラスに描く。
 2008・2010年の同作日本版にも主演した米倉は、ブロードウェイデビューを前に1年半以上かけて英語を猛特訓。初日の舞台では、英語での演技が初挑戦とは思えないほど流暢なせりふ回しと発音で、2時間半の舞台全編で生き生きとエネルギーに満ちたパフォーマンスを見せた。ブロードウェイの大舞台でのデビュー公演で、これほどまでの自信と笑顔とチャーミングな魅力を振りまけるパフォーマーはそういないだろう。
 演後の囲み取材で米倉は、「今でも手が震えるほど緊張したが、同時に心から楽しんだ。これまでの苦労もすべて生きている証だと思える。始まったばかりだが、もし次があるなら絶対に挑戦したい」と、嬉し涙をこらえながら笑顔で初日の感動を語った。
 ニューヨークでの米倉の主演は7月15日まで。その後、8月30日から9月16日まで日本凱旋公演として、アメリカ版ツアーカンパニーとともに東京・赤坂ACTシアターで来日公演を行う。

▲「シカゴ」ブロードウェイデビュー時の模様を動画でチェック!

<東京公演> 英語上演(字幕スーパーあり)

公演日: 2012年8月30日(木)〜9月16日(日)
会場: 赤坂ACTシアター
一般発売: 絶賛発売中
>オフィシャルサイトはこちら

座席選択

公演詳細・チケットのお申し込み

お気に入り登録

ブロードウェイミュージカル『シカゴ』を動画でご紹介!

★北米の日本語チャンネル「テレビジャパン」で放送 日本語テレビが見られるホテルはこちら
 6月からニューヨーク ブロードウェイで本格的稽古にはいった劇場でのレアな稽古風景と米倉涼子とアムラ=フェイ・ライト(ヴェルマ・ケリー役)のインタビューが、アメリカ、カナダで展開してい-る日本語テレビ放送チャンネル「テレビジャパン」で紹介されました。今回、「テレビジャパン」より特別に動画掲載が許可され、皆さんに紹介させて頂きます!!取材は「シカゴ」が上演されているアンバサダー劇場にて6月中旬頃に行われました。

日本でしか観ることができない、究極のCHICAGO!!

 1924年に実際に起きた殺人事件をもとに数々の舞台化と映画化を重ね、時代の移り変わりとともに魅力を増すCHICAGO。現在、NY ブロードウェイのアンバサダー劇場で16年目のロングランを迎えているCHICAGO は、ブロードウェイでリバイバル作品、及びアメリカのミュージカル作品として歴代1位のロングラン記録を更新し続け、ブロードウェイ史上第5位となった。
名実ともにナンバーワンとなったこのCHICAGO に2012年7月、米倉涼子がロキシー・ハートとしてブロードウェイ・デビューすることが3月に発表された。日本人女優のブロードウェイでの主演は54年振りとなり、ブロードウェイCHICAGO 史上初のアジア人女優の主役起用となるこのニュースは日本中を駆け巡った。
そして2012年8月に、このミュージカルの最高傑作がブロードウェイで選りすぐられた最高のキャストと共に緊急来日が決定!主演のロキシー・ハート役は米倉涼子が日本凱旋を果たす!!
出演はブロードウェイ・デビュー直後となる米倉涼子の他に、ヴェルマ・ケリー役にブロードウェイ公演の最高のヴェルマと誉れ高いアムラ=フェイ・ライト、そして他にもブロードウェイで活躍中の注目のキャスティングが予定されている。アンサンブルたちはブロードウェイから選りすぐられた実力派ダンサーたちが、鬼才ボブ・フォッシーのエレガントでセクシーな振付けと歌唱力で観客を圧倒する。
"ALL THAT JAZZ"をはじめとし、全曲がミュージカル史に残る名曲揃い!!「1920年代のジャズ香る時代のスタイリッシュでコミカルなシンデレラ・ストーリー」のCHICAGO に「シンデレラ・ガール」となった米倉涼子の注目の演技!!まさに日本でしか観ることができない豪華キャストを迎えてのCHICAGO 英語上演(日本語字幕あり)は、ミュージカルファンのみならず全ての人にとって、初めての究極の劇場エクスペリエンスとなるだろう!!

■米倉涼子インタビュー

米倉涼子に凱旋公演に向けた想いを語る!
 日本人女優がブロードウェイで主演を務めるのは54年ぶり、ブロードウェイ『シカゴ』では史上初のアジア人女優の主役起用という快挙を達成すべく目下レッスンに励んでいる彼女に、ブロードウェイ進出、そして凱旋公演に向けた今の気持ちを語ってもらった。

>>インタビューを見る

天才振付家、ボブ・フォッシーが生み出したミュージカル「シカゴ」とは?

ミュージカル「シカゴ」は、モーリン・ダラス・ワトキンズが書いた同名の戯曲を原作として、ボブ・フォッシーが振付・演出、1975年にブロードウェイで上演された。初演時、連続898回も上演されたが、同じ年に「コーラスライン」(6138回という超ロングラン)がスタートし、話題を独占されてしまう。今回上演される「シカゴ」は、1997年にアン・ラインキングによってブラッシュアップされたリバイバル版になる。リバイバル版の初演時は、短期間上演という条件付きだった事もあり、大道具、衣裳すべてをシンプルにそぎ落としたことで、逆にボブ・フォッシーの振り付けの特徴である、帽子やタバコといった小道具や鍛え抜かれたダンサーたちのセクシーでダイナミックな肢体が生きることになる。結果として、より洗練されたリバイバル版は、数々の栄光を手にすることとなった。

このページのトップへ

History ミュージカル「シカゴ」の歴史

1926年
ニューヨークで幕を開けるや大ヒット
1928年
「シカゴ」のタイトルで映画化
1942年
「ロキシー・ハート」のタイトルでジンジャー・ロジャースを主演に迎え、再度映画化
1950年
1950年半ばボブ・フォッシーはミュージカル化を企画し始め、13年後に版権を獲得
1975年6月3日
ミュージカル「シカゴ」は、グウェン・バ一ドンとチタ・リヴェラ、ジェリー・オ一バッハを迎えてついにブロードウェイでの幕を開ける
1977年
ライザ・ミネリのオフレコ代役公演などで話題を独占し、898回のロングランを記録し閉幕。 その後、全米ツア一、ドイツ、イギリス、オ一ストラリア等、各国で旋風を巻き起こした
1996年
フォッシーの愛弟子アン・ラインキングを振り付けに迎え、「アンコール!」シリ一ズのコンサート形式でウォルター・ボビーが上演するや、大評判に
1996年11月14日
ブロードウェイのリチャード・ロジャース劇場でリバイバル公演としてオ一プン
1997年
1997年度トニ一賞8部門ノミネート、6部門受賞を始め、各賞を総なめ
1997年11月17日
“ディートリヒの再来”と呼ばれるウテ・レンパ一をヴェルマ役に迎え、アデルフィ一劇場にてロンドン公演開幕。これまでに全米・全英各都市、ヨーロッパ各国、カナダ、オ一ストラリア、メキシコ、ロシア各地で大喝采を浴び、10月にはロシアでも幕を開けた
1999年2月
東京厚生年金会館での初来日公演は完売! 来場者数4万人突破
2002年12月
リチャード・ギア、レニー・ゼルウィガー、キャサリン・ゼ夕=ジョーンズ出演で日本での映画公開を前に、ゴールデン・グロ一ブ賞最多3部門受賞、アカデミー貰では作品賞を含む最多6部門受賞
2003年5〜8月
赤坂ACTシアターで再来日公演。チケットの完売状態が続いたため同シアターでの追加公演とは別にミュージカル公演としては異例の東京国際フォーラムホールAにて再追加公演を4公演行い、全公演完璧なソールドアウト。来場者数5万人
2005年8〜9月
東京国際フォーラムホールCにて、ブロードウェイキャストを迎え、3度目の来日公演。初めての大阪公演は大阪フェスティバルホールで行われ、熱烈な歓迎を受けた。来場者数5万人突破
2006年11月
ブロードウェイ開幕10周年を記念してオールスターキャスト公演が開催される
2007年2月
日生劇場にてビリー・フリン役に元バックストリート・ボーイズのケヴィン・リチャードソンを迎え、4度目の来日公演。約4万枚のチケットは完売を記録
2007年12月
ロンドン-ウェストエンド開幕10周年を記念してオールスターキャスト公演が開催される
2008年10月〜11月
赤坂ACT シアター、梅田芸術劇場、青山劇場にて初の日本語版CHICAGO が初公演。チケットは完売
2009年10月
赤坂ACT シアターにて、アメリカ・カンパニーの来日公演が開催される。
2010年6〜7月
兵庫県立芸術文化センター、赤坂ACT シアターに2度目の日本版CHICAGO が上演。米倉涼子演じるロキシー・ハートに加えて、ブロードウェイのヴェルマ役、アムラ=フェイ・ライトを迎え、日本語と英語によるバイリンガルCHICAGO となる。
2012年7月
NY アンバサダー劇場にてロングラン記録を更新し続けているミュージカルCHICAGO に日本人としては初の主演として、米倉涼子がロキシー・ハートとしてブロードウェイ・デビューする。

このページのトップへ

Awards 受賞暦

<ブロードウェイ初演>

1976年度トニー賞11部門ノミネート

<ブロードウェイ・リバイバル公演>

1997年度トニー賞8部門ノミネート、6部門受賞
  • ★リバイバル・ミュージカル作品賞
  • ★ミュージカル主演男優賞
  • ★ミュージカル主演女優賞
  • ★照明デザイン賞
  • ★振付賞
  • ★ミュージカル演出賞
1997年度ドラマ・デスク賞6部門受賞
  • ★リバイバル・ミュージカル作品賞
  • ★ミュージカル主演女優賞
  • ★ミュージカル助演男優賞
  • ★ミュージカル演出賞
  • ★振付賞
  • ★照明デザイン賞
1997年度アウター・クリティックス・サークル賞5部門受賞
  • ★リバイバル・ミュージカル作品賞
  • ★ミュージカル主演女優賞
  • ★ミュージカル助演男優賞
  • ★ミュージカル演出賞
  • ★振付賞
1997年度ドラマ・リーグ賞2部門受賞
  • ★リバイバル・ミュージカル作品賞
  • ★ミュージカル主演女優賞

<ロンドン・リバイバル公演>

1998年ローレンス・オリヴィエ賞7部門ノミネート、2部門受賞
  • ★ミュージカル作品賞
  • ★ミュージカル主演女優賞

<2002年映画>

2002年アカデミー賞6部門受賞
  • ★作品賞
  • ★衣裳デザイン賞
  • ★美術賞
  • ★助演女優賞(キャサリン・ゼタ=ジョーンズ)
  • ★音響賞
  • ★編集賞
2002年ゴールデン・グローブ賞3部門受賞
  • ★コメディ、ミュージカル映画賞
  • ★主演男優賞(リチャード・ギア)
  • ★主演女優賞(レニー・ゼルウィガー)
2002年AFI(アメリカ映画研究所)
  • ★トップ10ムービー・オブ・ザ・イヤー
2002年 放送映画批評家協会
  • ★作品賞
  • ★アンサンブル・アクティング
  • ★助演女優賞(キャサリン・ゼタ=ジョーンズ)

このページのトップへ