イープラスTOP

ブロードウェイミュージカル シカゴ 2015

ブロードウェイミュージカル「シカゴ」来日公演決定!

2015年12月4日・23日東急シアターオーブ渋谷ヒカリエ11F

<東京公演>

▼座席選択先行受付(先着順)

7/12(日)12:00~8/2(日)23:59

2015年12月26日・27日梅田芸術劇場メインホール

<大阪公演>

▼座席選択先行受付(先着順)

7/30(木)19:00~8/6(木)18:00

SPECIAL
スペシャルコンテンツ

制作発表会見レポート

NEW

「マッサン」エリー役のシャーロット・ケイト・フォックス、史上最高にフォクシーな悪女(ロキシー)が10月ブロードウェイ出演へ、来日公演は今冬12月に決定!(4/9Up)

NHK連続テレビ小説「マッサン」で外国人として史上初めてヒロインを務めたシャーロット・ケイト・フォックス。今年10月、ミュージカル「シカゴ」のヒロイン、ロキシー・ハート役でブロードウェイ・デビュー、そして12月にはアメリカ・カンパニーと共に来日公演を行なうことが決定、その記者会見が開かれた。...

⇒続きを読む

HISTORY
ミュージカル「シカゴ」の歴史

1926年
ニューヨークで幕を開けるや大ヒット
1928年
「シカゴ」のタイトルで映画化
1942年
「ロキシー・ハート」のタイトルでジンジャー・ロジャースを主演に迎え、再度映画化
1950年
1950年半ばボブ・フォッシーはミュージカル化を企画し始め、13年後に版権を獲得
1975年6月3日
ミュージカル「シカゴ」は、グウェン・バ一ドンとチタ・リヴェラ、ジェリー・オ一バッハを迎えてついにブロードウェイでの幕を開ける
1977年
ライザ・ミネリのオフレコ代役公演などで話題を独占し、898回のロングランを記録し閉幕。 その後、全米ツア一、ドイツ、イギリス、オ一ストラリア等、各国で旋風を巻き起こした
1996年
フォッシーの愛弟子アン・ラインキングを振り付けに迎え、「アンコール!」シリ一ズのコンサート形式でウォルター・ボビーが上演するや、大評判に
1996年11月14日
ブロードウェイのリチャード・ロジャース劇場でリバイバル公演としてオ一プン
1997年
1997年度トニ一賞8部門ノミネート、6部門受賞を始め、各賞を総なめ
1997年11月17日
“ディートリヒの再来”と呼ばれるウテ・レンパ一をヴェルマ役に迎え、アデルフィ一劇場にてロンドン公演開幕。これまでに全米・全英各都市、ヨーロッパ各国、カナダ、オ一ストラリア、メキシコ、ロシア各地で大喝采を浴び、10月にはロシアでも幕を開けた
1999年2月
東京厚生年金会館での初来日公演は完売! 来場者数4万人突破
2002年12月
リチャード・ギア、レニー・ゼルウィガー、キャサリン・ゼ夕=ジョーンズ出演で日本での映画公開を前に、ゴールデン・グロ一ブ賞最多3部門受賞、アカデミー貰では作品賞を含む最多6部門受賞
2003年5~8月
赤坂ACTシアターで再来日公演。チケットの完売状態が続いたため同シアターでの追加公演とは別にミュージカル公演としては異例の東京国際フォーラムホールAにて再追加公演を4公演行い、全公演完璧なソールドアウト。来場者数5万人
2005年8~9月
東京国際フォーラムホールCにて、ブロードウェイキャストを迎え、3度目の来日公演。初めての大阪公演は大阪フェスティバルホールで行われ、熱烈な歓迎を受けた。来場者数5万人突破
2006年11月
ブロードウェイ開幕10周年を記念してオールスターキャスト公演が開催される
2007年2月
日生劇場にてビリー・フリン役に元バックストリート・ボーイズのケヴィン・リチャードソンを迎え、4度目の来日公演。約4万枚のチケットは完売を記録
2007年12月
ロンドン-ウェストエンド開幕10周年を記念してオールスターキャスト公演が開催される
2008年10月~11月
赤坂ACT シアター、梅田芸術劇場、青山劇場にて初の日本語版CHICAGO が初公演。チケットは完売
2009年10月
赤坂ACT シアターにて、アメリカ・カンパニーの来日公演が開催される。
2010年6~7月
兵庫県立芸術文化センター、赤坂ACT シアターに2度目の日本版CHICAGO が上演。米倉涼子演じるロキシー・ハートに加えて、ブロードウェイのヴェルマ役、アムラ=フェイ・ライトを迎え、日本語と英語によるバイリンガルCHICAGO となる。
2012年7月
NY アンバサダー劇場にてロングラン記録を更新し続けているミュージカルCHICAGO に日本人としては初の主演として、米倉涼子がロキシー・ハートとしてブロードウェイ・デビューする。
2013年7月
ロサンゼルスの野外音楽堂、ハリウッドボウルにて特別版「シカゴ」が上演される。演出にブルック・シールズ、出演はアシュレー・シンプソン(ロキシー)、サマンサ・バークス(ヴェルマ)、スティーヴン・モイヤー(ビリー)など。
2014年1月
96年の開幕から18年目を迎え、アメリカのミュージカル作品でブロードウェイ史上1位のロングランとなる。公演回数は7,000回以上。

AWARDS
受賞歴

<ブロードウェイ初演>
1976年度トニー賞11部門ノミネート
<ブロードウェイ・リバイバル公演>
1997年度トニー賞8部門ノミネート、6部門受賞
★リバイバル・ミュージカル作品賞 ★ミュージカル主演男優賞 ★ミュージカル主演女優賞 ★照明デザイン賞 ★振付賞 ★ミュージカル演出賞
1997年度ドラマ・デスク賞6部門受賞
★リバイバル・ミュージカル作品賞 ★ミュージカル主演女優賞 ★ミュージカル助演男優賞 ★ミュージカル演出賞 ★振付賞 ★照明デザイン賞
1997年度アウター・クリティックス・サークル賞5部門受賞
★リバイバル・ミュージカル作品賞 ★ミュージカル主演女優賞 ★ミュージカル助演男優賞 ★ミュージカル演出賞 ★振付賞
1997年度ドラマ・リーグ賞2部門受賞
★リバイバル・ミュージカル作品賞 ★ミュージカル主演女優賞
<ロンドン・リバイバル公演>
1998年ローレンス・オリヴィエ賞7部門ノミネート、2部門受賞
★ミュージカル作品賞 ★ミュージカル主演女優賞
<2002年映画>
2002年アカデミー賞6部門受賞
★作品賞 ★衣裳デザイン賞 ★美術賞 ★助演女優賞(キャサリン・ゼタ=ジョーンズ) ★音響賞 ★編集賞
2002年ゴールデン・グローブ賞3部門受賞
★コメディ、ミュージカル映画賞 ★主演男優賞(リチャード・ギア) ★主演女優賞(レニー・ゼルウィガー)
2002年AFI(アメリカ映画研究所)
★トップ10ムービー・オブ・ザ・イヤー
2002年 放送映画批評家協会
★作品賞 ★アンサンブル・アクティング ★助演女優賞(キャサリン・ゼタ=ジョーンズ)