「アンドレア・ボチェッリ」コンサートに、葉加瀬太郎のゲスト出演が決定!!
 日本が誇る名ヴィオリニスト「葉加瀬太郎」の出演が急遽決定!以前より交流のあったアンドレア・ボチェッリの熱烈なラブコールに葉加瀬太郎が応えて実現することとなった。 スーパースター「アンドレア・ボチェッリ」と、セリーヌ・ディオンとの共演などで知られる「葉加瀬太郎」との共演は、見逃せない!


「日本での2年振りの公演に、今回お誘い頂けたことを本当に誇りに思います。
言語や国境をも越える音楽の力を信じて、僕自身、存分に楽しみたいと思います。」    葉加瀬太郎

アンドレア・ボチェッリ Live in Japan 2010 予定演奏曲目

【第一部】

歌劇 『カルメン』より序曲Orchestra
歌劇 『カヴァレリア・ルスティカーナ』より「乾杯の歌」Bocelli
歌劇 『リゴレット』より「女心の歌」 Bocelli
歌劇 『アドリアーナ・ルクーブル』よりCvilak
歌劇 『イル・トラヴァトーレ』より「見よ、恐ろしい炎を」Bocelli
歌劇 『ラ・ボエーム』より「愛らしい乙女よ」Boocelli/Cvilak
歌劇 『ファウスト』第二幕よりワルツGriminelli
歌劇 『ファウスト』より「もう遅いわ、さようなら」Bocelli/Cvilak
歌劇 『椿姫』より「乾杯の歌」Bocelli/Cvilak

【第二部】

喜歌劇『詩人と農夫』より序曲Orchestra
ダンツィ作こんな風に生きたい Bocelli
イタリア民謡海に来たれBocelli/Griminelli
イタリア民謡サンタ・ルチアBocelli
ラーラ作グラナダBocelli
コルサコフ作熊蜂の飛行Griminelli
モンティ作チャールダーシュGriminelli
ビシオ作マンマBocelli
デンツァ作フニクラ・フニクラBocelli
サルトーリ作大いなる世界Bocelli/Goodrem

貴方は神の歌声を聴いたか-。全世界で7000万枚以上の驚異的なCDセールスを誇る今世紀最高のテノール!

「誰も寝てはならぬ」から「タイム・トゥ・セイ・グッバイ」まで、
音楽の垣根を越えて響く愛とロマンスの歌声。
上海万博のオープニングに内定している、アンドレア・ボチェッリが、再び日本の舞台に立つ!

この世でもっとも独特の声を持ち、同じく独特の驚くべきキャリアを持つアンドレア・ボチェッリ。
クラシック音楽とポピュラー音楽両方の領域で成功を収めた、異例のテノール歌手である。

全世界で7000万枚以上のアルバム売り上げ、高く評価されたアルバムやシングルは世界中のチャートで1位を獲得、名だたる数々の賞を受賞(ゴールデン・グローブ賞ベスト・ソング賞受賞、グラミー賞やアカデミー賞ノミネートを含む)と、クラシック音楽の歴史を書き換えている。また、ポップス・チャートでの存在の大きさも否定できない。サラ・ブライトマンとのデュエット「タイム・トゥ・セイ・グッバイ」や、世界デビューとなったアルバム『ロマンツァ』の空前のヒット。アルバム4枚が、同時にUSポップ・チャートにランクインしたこともあった。その並外れた歌声は「神の歌声」とまで形容され、ロマンス溢れる歌の数々は世界中の人々を魅了し続けている。

小さい頃のアイドルは、マリオ・デル・モナコ、ベニアニーノ・ジーリ、フランコ・コレッリといったイタリアを代表するテノール歌手。生まれ持った美しい声の少年は、彼等のように偉大な歌手になりたいと夢見ていた。しかし、少年時代に光を失うというハンディや、将来を心配する大人達の現実論で、一度はその夢に封印し、弁護士としての人生を歩み始めていた。それでも音楽への情熱は冷めきれず、また世の人はボチェッリの歌声を捨て置きはしなかった。イタリアのロック・スター、ズッケロに見いだされ、ルチアーノ・パヴァロッティと出逢い、イタリア中がボチェッリの才能に喝采した。
テノール歌手、アンドレア・ボチェッリの名はイタリからヨーロッパへ、そして全世界へと広まっていく。
オペラ・アリアやカンツォーネを歌い、祖国イタリア音楽の伝統を守り続ける一方、サラ・ブライトマン、セリーヌ・ディオンら世界のディーバ達とのデュエットで、ポップスの域にクラシックの風を吹き込んでいる。今や「ボチェッリマニア」なる現象まで生み出し、音楽に領域のないことを証明している。さらには、ハンディを抱えながらもオペラにも積極的に出演し、イタリアが誇る文化の継承に努めている。

そんなボチェッリのクロスオーバーな活動に、クラシック音楽界は時に「世界基準に達していない」と厳しい評を投げる。だが、ボチェッリはそれに屈することなく、批評もまた自分の足下を見つめ直す機会と受け取る。

「自分が子供の頃好きな歌手に感動し、涙し、夢見たように、自分の歌声で人々を感動させたい」
アンドレア・ボチェッリは、人生に、音楽に、情熱をもって望み続け、その情熱に人々は魅了され感動しているのだ。

2008年の来日3日間で、驚異のCD売り上げ50,000枚-。

2008年、自身の一つの金字塔としてリリースされたポピュラーソングを集めたベスト・コレクション『タイム・トゥ・セイ・グッバイ〜ボチェッリ・スーパー・ベスト(Vivere)』を伴い、東京にて1夜限りの公演を開催。

その2008年4月の東京公演では、素晴らしい歌声を披露した。そして2008年4月16日フジテレビの「特ダネ」出演時に、生で「タイム・トゥ・セイ・グッバイ」を歌ったところ、その日一日で、CDのバックオーダー(注文)が、約25,000枚。尚、来日時の4月15日(「特ダネ」に出演はしたが、到着遅延のため生で歌えず)出演から、4月18日迄で約50,000枚以上のCD注文があった。
日本の人々もまた、ボチェッリの情熱に大きな感動を覚えたという事であろう。

・・・そして、今回の一夜限りの来日公演に、大きな期待がかかる。

このページのトップへ

アンドレア・ボテェッリ Andrea Bocelli

写真:アンドレア・ボチェッリ  1958年、イタリアのトスカーナ地方ピサ近郊に生まれる。生まれつきの弱視であったが、両親により類稀なる音楽の才能をピアノ、フルート、サックスフォンのレッスンにより引き出される。12歳のとき、サッカー中の事故ですべての光を失うが、地元ピサの大学では法律学を専攻し、博士号を取得し卒業。弁護士の仕事に1年間たずさわり、その後テナー歌手へ転身。  
 1992年、イタリアのロック・スター、ズッケロが、3大テナーとして知られる偉大なテノール歌手、ルチアーノ・パヴァロッティのデモ・テープ制作をアシストするアーティストを探していたところ、当時ピアノ・バーで弾いていたボチェッリに目を止める。ズッケロの紹介で1993年、イタリアのレコード会社、シュガー・レーベルと契約、1994年デビューを果たす。
 1996年、サラ・ブライトマンとのデュエット「君と旅立とう(タイム・トゥ・セイ・グッバイ)」はヨーロッパの人々を熱狂させ、この曲を収録した『ロマンツァ』は、現在全世界で2,000万枚以上のセールスを上げている。『夢の香り』(1999年発売)ではセリーヌ・ディオンとのデュエットを実現。クラシック界でも、2000年に発売したアルバム『ヴェルディ・アリア集』が全米ビルボード・クラシック・チャートにおいて24週連続1位となり、この記録は未だ破られていない。2000年、日本独自企画盤のベスト・アルバム『愛のために』を発売、その中の楽曲「大いなる世界」がサントリーのCMにて、モルツ・スーパー・プレミアムのイメージ・ソングとして使用され、日本でも大ヒットを記録。2001年秋『トスカーナ』を発表、続いてDVD『トスカーナの空』をリリース、2004年12月、セルフ・タイトル・アルバム『アンドレア』を発売し好評を博す。
 2008年、ベスト・コレクション『タイム・トゥ・セイ・グッバイ〜ボチェッリ・スーパー・ベスト』、DVD『ライヴ・イン・トスカーナ』をリリース。ポップスのヒット曲と、ラウラ・パウジーニ、ラン・ラン、ケニー・Gなどとのコラボレーションを含む新曲4曲を収録したこのアルバムは、世界的に有名な音楽プロデューサー、デイヴィッド・フォスターが「My Favourite Singer In The World」と呼ぶ男の驚くべき才能をもう一度祝福する機会となる。

 昨年2009年9月15日には、一足先のクリスマスコンサートがロサンゼルスのコダック・シアターで開かれた。音楽プロデューサーはデヴィッド・フォスターである。盲目のテノール歌手アンドレア・ボチェッリが「ホワイト・クリスマス」や「サンタが町にやってくる」を歌唱。薬物依存等から復帰したゲストのナタリー・コールとは、ナタリーの父ナット・キングコールが書いた「ザ・クリスマス・ソング」をデュエット。メアリー・J・ブライジと「御使いうたいて」、カントリー・シンガー、リーバ・マッキンタイアとはエルヴィス・プレスリーの「ブルー・クリスマス」をデュエットした。ディズニー映画「クリスマス・キャロル」のエンディング曲「ゴッド・プレス・アス・エヴリワン」も映画公開前にボチェッリの歌で初めて披露された。

 そして昨年11月3日には、アメリカで最新アルバム「マイ・クリスマス」が発売された。豪華なゲストミュージシャンも参加しているが、いわゆる「クリスマス物」である。しかしそのセールス枚数が凄い。音楽業界誌ビルボードのアルバムチャートは以下の通りだ。

<11月21日付>
1位:キャリー・アンダーウッド / Play On
2位:マイケル・ジャクソン / This Is It
3位:アンドレア・ボチェッリ / マイ・クリスマス (149,000枚)
<11月28日付>
1位:ボン・ジョヴィ / ザ・サークル
2位:アンドレア・ボチェッリ / マイ・クリスマス (136,000枚)
3位:キャリー・アンダーウッド / Play On
<12月5日付>
1位:ジョン・メイヤー / Battle Studies
2位:アンドレア・ボチェッリ / マイ・クリスマス (185,000枚)
3位:ノラ・ジョーンズ / ザ・フォール

 普通であれば発売後売り上げ枚数が落ちていくものだが、ボチェッリは上がっている。
ちなみにボン・ジョヴィは28日の週は1位で163,000枚だが、翌12月5日付では19位で、売り上げは、わずか50,153枚になっている。
 「マイ・クリスマス」のCDセールスが、非常に好調である。

このページのトップへ

CD・DVD情報

再来日公演に合わせて日本独占発売!
日本独自企画
アンドレア・ボチェッリ
『タイム・トゥ・セイ・グッバイ〜オールタイム・ベスト(仮)』
  • 2010年4月21日発売予定
  • 通常盤CD:
    ¥2,800(税込)
  • 限定盤CD+DVD:
    ¥3,500(税込)

Now Printing

★限定盤のみ【ボーナスDVD付き】アンドレア・ボチェッリのドキュメンタリー収録予定

2010年の世界ツアーの幕開けとなる、一夜限りの再来日公演に合わせて、日本のみで発売が許可された、まさに“奇蹟”のボチェッリのオールタイム・ベスト・アルバム!! 代表曲<タイム・トゥ・セイ・グッバイ duet with サラ・ブライトマン>をはじめ、<誰も寝てはならぬ>、<アヴェ・マリア>、<カルーソー>、<アマポーラ>、<ロマンツァ>、<ザ・プレイヤー duet with セリーヌ・ディオン>など、世界中を感動の渦に巻き込むボチェッリの素晴らしい歌声の数々と名曲をコンプリート!! 同時発売の限定盤は、SHM-CDに、ボチェッリの波瀾万丈の半生を振り返るドキュメンタリーを収録予定のボーナスDVD付き2枚組。

来日記念版
アンドレア・ボチェッリ 『ビゼー:歌劇≪カルメン≫全曲』
  • 2010年4月14日発売
  • 通常盤CD:
    ¥5,000(税込)

Now Printing

ボチェッリ久々のオペラ録音はビゼーの人気作品《カルメン》。チョン・ミュンフン指揮フランス放送フィルの伴奏で、ボチェッリはカルメンに翻弄されるドン・ホセ役を見事に歌いきっています。主役のカルメンはメッゾ・ソプラノのマリーナ・ドマシェンコ。エヴァ・メイ、ブリン・ターフェルといった豪華なソリストたちが脇を固めています。日本語歌詞対訳付。

ディスコグラフィー
タイム・トゥ・セイ・グッバイ〜ボチェッリ・スーパー・ベスト
  • 2008年3月19日発売
  • 通常盤:
    \2,800 (税込)
  • 限定盤(CD+DVD):
    ¥3,500(税込)

CDジャケット:アンドレア・ボチェッリ 『ビゼー:歌劇≪カルメン≫全曲』

★限定盤のみ【ボーナスDVD付き】アンドレア・ボチェッリのドキュメンタリー収録予定

 全世界で6000万枚以上のアルバム・セールスを記録し、クラシック・ポピュラーの垣根を越えて活躍するボチェッリのベスト・セレクションが遂に登場。サラ・ブライトマンとの大ヒット曲「タイム・トゥ・セイ・グッバイ」、セリーヌ・ディオンとの「祈り〜プレイヤー」をはじめ、世界一の名プロデューサー、デイヴィッド・フォスターによる新曲やケニー・Gやラン・ランとの新曲も収録した豪華なアルバムとなっています。新曲4曲含む、新録音5トラック収録!

購入はこちらから

ライヴ・イン・トスカーナ
  • 2008年3月19日発売
  • DVD:
    ¥5,000(税込)

DVDジャケット:ライヴ・イン・トスカーナ

ボチェッリが故郷トスカーナで2007年7月5日に行った野外コンサートのDVD化。
サラ・ブライトマン、ケニー・G、デイヴィッド・フォスター、ラン・ラン他スーパー・スターたちが集結したスペクタクル・コンサート。

購入はこちらから

サンタルチア / 魅惑のイタリアンソングス
  • 2009年1月21日発売
  • 通常盤:
    \2,800(税込)
  • 限定盤:
    \3,500(税込)

CDジャケット:サンタルチア / 魅惑のイタリアンソングス

魅惑のイタリアンソングス。「サンタ・ルチア」「フニクラ・フニフラ」「グラナダ」「マンマ」ほか“イタリアの太陽”をを思わせる超有名曲ばかりを満を持して録音。イタリアへの愛、特にナポリへの特別な愛情がこのアルバム全般に広がっている。

購入はこちらから

マイ・クリスマス
  • 2009年12月2日発売
  • 限定盤:
    3,500(税込)

CDジャケット:サンタルチア / 魅惑のイタリアンソングス

魅惑の歌声。世界のテノール、ボチェッリによるクリスマス名曲集。あのデヴィットフォスターがプロデュース。
より豪華なサウンドに仕上がったバックミュージックとボチェッリの甘く粘りのある歌声が見事なハーモニーとなって特別な世界を作り上げる。

購入はこちらから