Premium meets Premium 2016

Premium meets Premium (プレミアムミーツプレミアム)

新着情報

2015/12/4(金)
12/5(土)10:00から全公演一般発売開始!
2015/11/12(木)
全公演プレオーダー受付中!
2015/11/2(月)
2/20(土) PUSHIM 公演決定!
2015/10/14(水)
Kiroro、手嶌葵&池田綾子、元 ちとせ、オフィシャルHP先行を受付中!
2015/10/13(火)
「Premium meets Premium 2016 (プレミアム・ミーツ・プレミアム 2016)」開催決定!

公演情報

2/15(月) Kiroro

  • 開場 18:30 / 開演 19:00
  • 料金 全席指定 \6,500(税込)

2/16(火) Ms.OOJA

  • 開場 18:30 / 開演 19:00
  • 料金 全席指定 \6,800(税込)

2/17(水) 手嶌葵&池田綾子

  • 開場 18:30 / 開演 19:00
  • 料金 全席指定 \6,800(税込)

2/18(木) 中田裕二

  • 開場 18:30 / 開演 19:00
  • 料金 全席指定 \5,800(税込)

2/19(金) 元 ちとせ

  • 開場 18:30 / 開演 19:00
  • 料金 全席指定 \6,800(税込)

2/20(土) PUSHIM

  • 開場 17:30 / 開演 18:00
  • 料金 全席指定 \6,800(税込)

2/21(日) 河村隆一

No Mic,No Speakers Concert #009 Special

  • 開場 13:00 / 開演 13:30
  • 料金 全席指定 \10,800(税込)
  • 開場 17:00 / 開演 17:30
  • 料金 全席指定 \10,800(税込)

出演者

Kiroro

1995年結成。翌年インディーズシングル「長い間/青のじゅもん」が、沖縄限定で発表したにもかかわらず売上枚数が1万枚を超え話題になる。 1998年1月21日にメジャー・デビュー
Vo.千春が小学生の時、地域交流で北海道池田町に行き、なんとなく耳に残ったアイヌ語の

【 Kiroru 】
人間が踏み固めた広い路の意
【 Kiroro-an 】
強い・健やか・盛ん・大きい・かたくなの意

という言葉を参考に、意味や響きに魅かれグループ名をKiroroに決定する。

Ms.OOJA

2011年2月16日、Single「It's OK 」でユニバーサル シグマよりメジャーデビュー。
翌2012年早々、仲間由紀恵主演のTBS系金曜ドラマ「恋愛ニート~忘れた恋のはじめ方~」主題歌に5th Single「Be...」が大抜擢。
この曲は全国テレビ・ラジオ50局でパワープレイを獲得、 レコチョク2012年上半期ランキング4冠獲得、配信合計100万ダウンロードを越える大ヒットを記録。そしてカバーシリーズも人気を博している。
また2015年 9月までは、CX「水曜歌謡祭」にもレギュラーとして出演し更に注目を集めた。
リリースとライブを精力的に行い、その人気は留まることを知らない。

手嶌葵&池田綾子

・手嶌葵
1987年、福岡県出身。「The Rose」を歌ったデモCDをきっかけに、2006年公開のジブリ映画「ゲド戦記」の挿入歌「テルーの唄」と主題歌の歌唱、ヒロイン"テルー"の声も担当しデビュー。
その後、2011年公開のジブリ映画「コクリコ坂から」の主題歌も担当。
これまでに洋画音楽からセレクトした曲を集めたアルバムを3作発表。
2015年には、「Cinematic」をコンセプトとした10thアルバム「Ren’dez-vous」をリリース。
聴き手を魅了するその類稀なる歌声は、数々のCMソングや映画主題歌などに求められ続けており、近年はライブ活動も積極的に行っている。

オフィシャルHP

・池田綾子
東京都出身。武蔵野音楽大学音楽学部声楽科卒業。
日本語の「韻」を大切にした歌詞と旋律、クラシックの発声を基調とした独自の歌声を持つシンガーソングライター。
心の音を紡ぐような音楽世界と、透き通る声の音色は、ジャンルを超えて数々のコラボレーションを生み続けており、今までに数多くのTV、CM、映画などの主題歌歌唱や楽曲提供、また、出会いの中で様々なアーティストへの楽曲提供も行っている。
手嶌葵とは親交が深く、「この瞬間を」という楽曲でデュエットを、また「明日への手紙」という楽曲の提供も行っている。
【代表作】
「こころたび」…BSプレミアム『こころ旅』テーマソング
「数え歌」、「うたの歌」…NHKみんなのうた

中田裕二

1981年生まれ。熊本県出身。
2000年にロックバンド「椿屋四重奏」のフロントマンおよびすべてのレパートリーのソングライターとして音楽キャリアをスタート、「紫陽花」「恋わずらい」「いばらのみち」に代表される、ロックバンドの枠にとらわれないスケール感と個性あふれる楽曲で人気を集めるも、2011年に突然の解散。
解散直後、3.11東日本大震災の被災者/被災地に向けて作られた「ひかりのまち」制作を機にソロ活動に突入。
確かな歌唱力に裏打ちされた艶のある歌声と、歌謡曲/ニューミュージックのエッセンスを色濃く反映したソングライティングセンスは中毒性が高く、熱心な信奉者が多数。
11月25日、ニューアルバム『LIBERTY』をリリース。

元 ちとせ

・生年月日:1979年1月5日
・出身地:鹿児島県奄美大島
通っていた小学校は全校生徒4人で、全員親戚。
1人で入学式、1人で卒業式。水泳の授業は近くの川。
そんな環境で育ち、母親の薦めで三味線を習い始める。
小学生の時に自ら島唄を習い始め高校3年で「奄美民謡大賞」の「民謡大賞」を史上最年少で受賞。
2001年3月10日ミニ・アルバム『Hajime Chitose』を、7月にはオリジナル5曲を収録したミニ・アルバム『コトノハ』をインディーズATSUGUA RECORDSよりリリースし、高い評価を得る。
2002年2月6日にEPICレコードからリリースされたメジャーデビューシングル『ワダツミの木』が リリース後2ヶ月を経てシングル・チャートで1位を記録。社会現象的な大ヒット曲となる。
結婚と2度の出産による休養に入るも、コンスタントに楽曲やアルバムの発表、数々のツアーやフェスなどにも参加。
2015年7月、戦後70年を迎え、平和への思いを込めたニューアルバム『平和元年』をリリースする。
奄美大島に生活の拠点を置きながら、精力的な活動を行っている。
日本を代表する女性シンガーの一人である。

PUSHIM

その歌声を聞くと、誰もが“Feel The Soul(=魂を感じる)””Strong Voice!(=力強い声)””One & Only(=誰にも真似できない)”と形容されるプレミアム・シンガー。“クイーン・オブ・レゲエ”として、今やジャパニーズ・レゲエ・シーンNo.1シンガーの座を確固たるものにしたと同時に、日本の音楽シーンの中でも希有な存在として偉才を発揮。95年に地元大阪で活動を開始し、1999年にシングル「Brand New Day」でメジャーデビュー。2000年にファーストアルバム「Say Greetings」をリリース以降、これ迄にオリジナルアルバム8枚の他、多数の企画アルバムをリリース。2014年にはデビュー15周年を迎え、アーティスト活動は元より、姉妹(PUSHIM&YOUNGSHIM)によるレディースアパレルブランド “Tome2H” (トミトエイチ)のプロデュースや、2015年には自身のレーベル“Groovillage”を設立するなど、更に活動の幅を拡げている。

河村隆一

1970年生まれ。神奈川県出身

1990年代を代表するロックバンド、LUNA SEAのヴォーカリストとして世に知られる。
1997年、バンド活動休止に伴い本名でのソロ活動を開始。1997年に発売された4枚のシングルは全て大ヒットを記録(特に2枚目のシングルである「Glass」は自身初となるミリオンセラーを達成した)し、自身初のフルアルバム『Love』は今現在も男性ソロアーティストアルバム売り上げ歴代1位である。
また、デビュー1年目にして紅白歌合戦に出場するなどLUNA SEAを知らない年齢層にも広く認知されることになった。LUNA SEA終幕後の2001年には2度目の紅白歌合戦出場を果たしている。2011年5月3日には、日本武道館にて104曲を歌い、ギネス・ワールド・レコーズに認定。

LUNA SEA再始動後は、2013年1月11日~13日、18日~20日日本武道館6DAYS公演を行い、同年12月には13年振りとなる、アルバム「A WILL」をリリース。結成25周年の2014年6月7日松戸を皮切りに約8ヶ月に及ぶ全国ツアーを敢行。そして25周年のファイナルとして2015年6月27日・28日の両日、初めての冠フェス「Lunatic Fest」を幕張メッセで開催。驚異的な話題を集める。

ソロとして現在まで、シングル19枚・アルバム17枚をリリース。2015年10月28日には2年ぶりのアルバム「Magic Hour」をリリースする。

会場

浜離宮朝日ホール

朝日新聞社新館2F
・都営大江戸線「築地市場駅」A2出口すぐ
・日比谷線「築地駅」2番出口
・日比谷線「東銀座駅」6番出口徒歩8分
>浜離宮朝日ホール 公式サイト

チケット情報

一般チケット発売プレイガイド: イープラス、チケットぴあ、ローソンチケット、朝日ホール・チケットセンター、SOGO TOKYO オンラインチケット
一般発売日: 12/5(土)

  • ※未就学児童の入場は出来ません。
  • ※各公演託児サービスあり。
    【お問合せ/お申し込み】
    イベント託児・マザーズ 0120-788-222(要予約)

2/15(月) Kiroro 一般発売
チケット詳細はこちら。

2/16(火) Ms.OOJA 一般発売
チケット詳細はこちら。

2/17(水) 手嶌葵&池田綾子 一般発売
チケット詳細はこちら。

2/18(木) 中田裕二 一般発売
チケット詳細はこちら。

2/19(金) 元 ちとせ 一般発売
チケット詳細はこちら。

2/20(土) PUSHIM
チケット詳細はこちら。

2/21(日) 河村隆一 一般発売
チケット詳細はこちら。

お問合せ

SOGO TOKYO: 03-3405-9999

主催: 朝日新聞社/TOKYO FM/SOGO TOKYO
制作: SOGO TOKYO