池上英樹 モザイク ソロパーカッションパフォーマンス

 
池上英樹 モザイク ソロパーカッションパフォーマンス のチケット情報です。
次へを押すと、席種・料金や販売方法の確認、チケットの購入ができます。

公演画像

■プロフィール 
池上英樹(打楽器・マリンバ・パフォーマンス)

8歳からジャズドラム、ロックドラムを始め、様々なジャンルのバンドで演奏。その後クラシック音楽と出会い、その世界に衝撃を受けてパーカッション、マリンバを始める。
大阪教育大学を経て、ロームミュージックファンデーション、野村国際財団より奨学金を受け、1997年パリ国立音楽院(CNR)、パリ国立高等音楽院(CNSM)へ留学。

1997年 第46回ミュンヘン国際音楽コンクール打楽器部門で最高位入賞。その後カールスルーエ音楽大学(KE)で学ぶ。
1999年 第16回日本管打楽器コンクール打楽器部門第2位入賞。2004年度青山音楽賞、2005年度文化庁芸術祭音楽部門新人賞などを受賞。

1997年より、パリ日本年記念公演、ベルリン室内楽フェスティバル、ミュンヘンJazz&Moreフェスティバル、ケルンフィルハーモニーでの公演など世界各地のフェスティバル、現代音楽祭に招かれる。
ヨーロッパ各地での演奏活動の後、活動を一時休止し、打楽器音楽を一から学び直す。
著名なオペラ歌手、ピアニスト、ヴァイオリニストなどに教えを受け、ベルカント唱法を基盤にしたテクニックを打楽器に応用し、実践し始める。

2004年リサイタル<Performance!!>で日本デビュー。

世界各国の音楽祭の他、富士山河口湖音楽祭、ラフォルジュルネジャポン、東京春音楽祭、仙台クラシックフェスティバル、サントリーサマーフェスティバル、軽井沢音楽祭、ロームミュージックフェスティバル等に出演。
コンチェルトでは東京都交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、オーケストラアンサンブル金沢などと共演している。

山梨滞在期間に町の人々の交流を目的として始めた、自宅を開放したコンサート(西湖芸術の家コンサート)やワークショップを企画実施、バスツアーも組まれるほどの好評を博す。またその活動がドキュメンタリー番組や24時間テレビなどで放送。
2011年テレビ朝日<題名のない音楽会>で「パーカッショニスト・池上英樹登場!」2017年「反田恭平の音楽会でのデュオ」が放送される。

その他、打楽器奏者として、サントリー音楽財団25周年記念公演でクセナキス<オレステイア>の打楽器ソロを務める。
その他、即興演奏、ダンスとのコラボレーション、音楽するカラダと題したワークショップなど、常に新しい打楽器の可能性を模索、追求している。
マリンバでは、古今の名曲からジャズ、現代音楽に至るまで縦横無尽なレパートリーを持ち、2013年に東京春音楽祭にて全曲バッハプログラムで公演を行う。
フラメンコの影響から、ロマ音楽に魅せられ、近年多くの楽曲を作曲、編曲、演奏している。
2014年より打楽器を中心にダンスパフォーマンス、歌などを融合させた自作自演の一人舞台<MOSAIC-モザイク>を発表し始める。

≫【特集記事】世界的パーカッショニスト 池上英樹が語る<MOSAIC-モザイク>―打楽器・踊り・歌を融合させた一人舞台で魅せる世界観
 
 
リンク用URL
 

打楽器・踊り・歌を融合した自作自演の一人舞台

会場 公演日 受付期間 受付状況  

座・高円寺2 (東京都)

18/6/25(月)

 

18/3/25(日)10:00〜18/6/24(日)18:00 一般発売

一般発売・受付期間終了

出演: 池上英樹 (作・打楽器・マリンバ・パフォーマンス)
曲目・演目:
<プログラム予定>
0123456789
ラムル
間Interlude1
Mosaic
間Interlude2,3
無題曲
間Interlude4
Can you beat it?!
大地を叩け
抽選方式 先着順 当日引換 会員(入会/更新)

この公演に登録されているお気に入りワード

池上英樹  

「お気に入り登録」をすると登録いただいたアーティストやチーム、イベント等の関連情報がメールであなたのお手元に届きます。

詳しくは>>「お気に入り登録」とは

誰でもどんなイベントでもチケットが売れる!
どこよりもスピーディーでお手軽なチケット委託販売サービス
>>e+WEBオープンシステム

ご注意
  • 公演内容は予告なく変更する場合があります。お申し込みの前にいま一度内容をご確認ください。
  • このページにリンクを張るには、リンク用URLをご利用ください。 ブラウザのアドレスバーに表示されているURLは無効になる場合があります。
  • 受付状況はリアルタイムに反映されない場合があります。
  • 公演期間は最も早い日付と最も遅い日付を表示しています。期間内毎日公演があるという意味ではありません。