ディートリヒ・ヘンシェル バリトン・リサイタル

 
ディートリヒ・ヘンシェル バリトン・リサイタル のチケット情報です。
次へを押すと、席種・料金や販売方法の確認、チケットの購入ができます。

〜ドイツ・リートの正統派が紡ぐ、シューマン、ベートーヴェンの愛と悲しみ〜 ピアノ=岡原慎也 巨匠フィッシャー=ディースカウの後継者と称され、オペラ、リート、現代音楽まで幅広く活躍する名バリトン、ディートリヒ・ヘンシェル。艶やかな声でドラマティックに、ドイツ・リートの傑作を歌う。愛と失恋、青春の日々をロマンティックに歌い上げるシューマン「詩人の恋」、ベートーヴェンが生涯の愛への追憶を込めた「遥かなる恋人に寄す」など、言葉と音楽で紡ぎだす感動の芸術に期待が高まる。

ディ−トリヒ・ヘンシェル(バリトン)Dietrich Henschel:
1990年国際フーゴー・ヴォルフ・コンクール優勝。ミュンヘン・ビエンナーレでデビュー後、リヨン、ベルリン、ミュンヘン、アムステルダム、ブリュッセル、リスボン、マドリード、ジュネーヴ、パリなどの歌劇場、ザルツブルク、エクサン・プロヴァンス、フィレンツェなどの音楽祭に出演多数。アーノンクール、ガーディナー、ヘレヴェッヘ、エッシェンバッハ、メータ、ドホナーニ、アルブレヒト、ラトル、ティーレマン、大野和士などと共演。リート歌手としての評価も極めて高く、歌曲と映像のコラボレーションプロジェクトも話題を呼んでいる。

岡原慎也(ピアノ)Shinya Okahara:
東京芸術大学、ベルリン芸術大学、ミュンヘン音楽大学に学ぶ。ソロ、コンチェルト、室内楽など多彩に活躍。1996年ディートリヒ・ヘンシェルの初来日公演をプロデュースし、97年、99年に全国ツアー。ヘルマン・プライ、シュテファン・ゲンツ、テオ・アダムなど、多くの名歌手と共演。京都音楽賞、大阪文化祭賞本賞、音楽クリティッククラブ賞、第66回文化庁芸術祭優秀賞を受賞。大阪音楽大学大学院教授。日本ドイツリート協会会長。

 
 
リンク用URL
 

第464回日経ミューズサロン

会場 公演日 受付期間 受付状況  

日経ホール (東京都)

17/9/13(水)

 

17/5/10(水)10:00〜17/9/7(木)18:00 一般発売

一般発売・受付期間終了

出演: ディートリヒ・ヘンシェル(バリトン)
岡原慎也(ピアノ)
曲目・演目: ベートーヴェン/新しき愛、新しき命(6つの歌曲 作品75−2)、悲しみの喜び(3つの歌 作品 83−1)、喜びにあふれ、また悲しみに沈み(ゲーテの悲劇《エグモント》への音楽 作品84−4第2番)、アデライーデ 作品46、遙かなる恋人に寄す 作品98
シューマン/詩人の恋 作品 48
抽選方式 先着順 当日引換 会員(入会/更新)

この公演に登録されているお気に入りワード

岡原慎也  

ディートリヒ・ヘンシェル  

日経ミューズサロン  

「お気に入り登録」をすると登録いただいたアーティストやチーム、イベント等の関連情報がメールであなたのお手元に届きます。

詳しくは>>「お気に入り登録」とは

誰でもどんなイベントでもチケットが売れる!
どこよりもスピーディーでお手軽なチケット委託販売サービス
>>e+WEBオープンシステム

関連ジャンル

オペラ声楽/合唱

ご注意
  • 公演内容は予告なく変更する場合があります。お申し込みの前にいま一度内容をご確認ください。
  • このページにリンクを張るには、リンク用URLをご利用ください。 ブラウザのアドレスバーに表示されているURLは無効になる場合があります。
  • 受付状況はリアルタイムに反映されない場合があります。
  • 公演期間は最も早い日付と最も遅い日付を表示しています。期間内毎日公演があるという意味ではありません。