第17回 大藏流狂言 吉左右会

 
第17回 大藏流狂言 吉左右会 のチケット情報です。
次へを押すと、席種・料金や販売方法の確認、チケットの購入ができます。

公演画像

第17回 吉左右会 チラシ(表)

 

関連資料

第17回 吉左右会 チラシ(番組表)

 
リンク用URL
 
会場 公演日 受付期間 受付状況  

セルリアンタワー能楽堂 (東京都)

18/11/16(金)

 

18/10/16(火)10:00〜18/11/15(木)18:00 一般発売

一般発売・受付期間終了

出演: ≪大藏 吉次郎≫
重要無形文化財能楽(総合指定)保持者
24世宗家故大藏彌右衛門の次男。
二松学舎大学文学部国文学科卒。
5才の時に「靱猿」の小猿にて初舞台。
平成元年(1989)に前宗家の成人名「吉次郎」を襲名。

前宗家の硬質で真面目な演技を受け継ぐ一方、純粋無垢な芸風に惹かれるファンも多い。

社中を中心に「吉次郎後援会」を発足し、舞台活動の他に、義虎会・吉祥会・NHK狂言会・ニ松学舎大学狂言研究会・劇団手織座・劇団青年劇場等にも狂言精神を指導。
各国海外公演参加。
二松学舎大学特別任用教授・中京大学非常勤講師。

モットーは、狂言に対して素直でいること。父の教えを守り、受け継ぎ、後世に渡すこと。我慢はするが、妥協はしない。
趣味は、スキー。好きな言葉は、初心忘れるべからず。温故知新。


≪大藏 教義≫
2世大藏吉次郎の長男。
駒沢大学文学部歴史学科卒。
第24世宗家故大藏彌右衛門及び、父に師事。

4才で『業平餅』の稚児役で初舞台
各能楽堂での活動の他、日本全国での学校狂言や海外公演・飛鳥2船上狂言など多数参加。 
また狂言界の窓口を広げるためにも「狂言教室」を開講し、狂言の魅力を紹介。
モットーは、明るく楽しく元気よく!!狂言を通じて皆さんと「楽しい」空間を共有したいです。そして「幸せ」になって頂きたいと願っています。
好きな言葉は「笑顔に国境はなし」

2004年 山本周五郎原作『泥棒と若殿』
 *若殿役。(劇団手織座)(脚本/演出、大西信行) 
2007年 親しみやすい狂言の稽古場として「狂言教室」を開催 
2009年  NHKスペシャルドラマ『坂の上の雲』(2009〜2011)
 *河東碧梧桐役 
2010年  飛鳥2船上狂言 
2011年  【KANJIN狂言】始動 
2012年  【お座敷狂言】始動 


他出演者あり
曲目・演目: おはなし/大藏 教義

狂言『佐渡狐』宮本昇・善竹大二郎・大藏彌太郎 
                
小舞『鐘の音』大藏吉次郎   
         
《休憩十五分》

狂言『文荷』大藏教義・善竹富太郎・大藏基誠

狂言『貰聟』榎本元・上田圭輔・大藏吉次郎
抽選方式 先着順 当日引換 会員(入会/更新)

この公演に登録されているお気に入りワード

大藏吉次郎(二世)  

大藏基誠  

大藏教義  

宮本昇  

榎本元  

上田圭輔  

善竹富太郎  

善竹大二郎  

大藏彌太郎  

「お気に入り登録」をすると登録いただいたアーティストやチーム、イベント等の関連情報がメールであなたのお手元に届きます。

詳しくは>>「お気に入り登録」とは

誰でもどんなイベントでもチケットが売れる!
どこよりもスピーディーでお手軽なチケット委託販売サービス
>>e+WEBオープンシステム

関連ジャンル

狂言

ご注意
  • 公演内容は予告なく変更する場合があります。お申し込みの前にいま一度内容をご確認ください。
  • このページにリンクを張るには、リンク用URLをご利用ください。 ブラウザのアドレスバーに表示されているURLは無効になる場合があります。
  • 受付状況はリアルタイムに反映されない場合があります。
  • 公演期間は最も早い日付と最も遅い日付を表示しています。期間内毎日公演があるという意味ではありません。