赤い蝋燭

 
赤い蝋燭 のチケット情報です。
次へを押すと、席種・料金や販売方法の確認、チケットの購入ができます。

公演画像

「ごんぎつね」他の作品で知られる、新美南吉(にいみ・なんきち)の「赤い蝋燭」他に寺嶋陸也が書き下ろした作品を集めて。ソプラノ山内房子の歌、寺嶋のピアノで演奏します。

新美南吉は「ごんぎつね」や「手袋を買いに」などの児童文学で知られる作家です。愛知県の知多半島の、静かな日常風景の中で語られる小さな幸福や反省や憤りは、わたし自身の幼年期の生活に重なります。

わたしは、南吉と同じ愛知県の、三河湾を挟んだ反対側に位置する渥美半島で生まれました。言語圏が一部重なることもあり、南吉の言葉は素直に身体に入ってきます。

わたしのぼんやりした記憶にある子ども時代の生活環境には、南吉のお話で語られる世界がまだ残っていました。もちろん、ガスも水道も電気も通っていたけど、知らない老人たちがよその子どもを呼び止めて思い出話を聞かせる日常があったし、夕方になると辺りはひっそりと闇になった。寒すぎず暑すぎない穏やかな日々が繰り返され、なにかしら小さな事件が起こったりした。「おじいさんのランプ」も「牛をつないだ椿の木」も、まったく身近で見聞きした話に思えるほどです。

南吉は29年という短い病身の人生で、自らを奮い立たせて、ものすごいエネルギーで作品を書きました。かわいい童話、せつない物語だけでなく、恋を連想させる詩もありますし、驚くほど厳しいお話もある。そんな新美南吉の世界を歌で表現できたらと思い、寺嶋陸也さんに新作を書いていただくことになりました。独特の色合いを持つ方言や澄んだ言葉が盛り込まれた新美南吉のお話が、どのような音楽になるのでしょう。楽しみです。
山内房子(やまうち・ふさこ)

 
 
リンク用URL
 

新美南吉と音楽/寺嶋陸也新作歌曲

会場 公演日 受付期間 受付状況  

虎ノ門JTアートホールアフィニス (東京都)

18/2/24(土)

 

17/12/12(火)10:00〜18/2/21(水)18:00 一般発売

一般発売・受付期間終了

出演: 山内房子 ソプラノ
上野学園大学卒業。声楽を島塚光、高橋康人の各氏に師事。第1回古楽コンクール入賞。第14回チェコ音楽コンクール入賞。1987年から1998年まで国立音楽大学音楽研究所の研究員としてイタリア初期バロック音楽の研鑽を積む。現在は、宗教曲のソリストとして合唱団と共演するほか、17・18世紀を中心に、さまざまな作曲家の声楽作品を取り上げたリサイタルを行っている。

寺嶋陸也 作曲/ピアノ
東京芸術大学音楽学部作曲科卒、同大学院修士課程修了。作曲とピアノ演奏の両面で積極的に活動、2003年パリ日本文化会館における作品個展「東洋と西洋の出会い」などは高く評価された。オペラや室内楽曲など作品多数。「大陸・半島・島/寺嶋陸也作品集」(ALCD−9026)ほか、室内楽や歌曲でのピアノなど、多くのCDがある。
ホームページ http://www.gregorio.jp/terashima/
曲目・演目: 新美南吉 詩/寺嶋陸也 曲
「赤い蝋燭」
「お伽噺」
「貝殻」

抽選方式 先着順 当日引換 会員(入会/更新)

この公演に登録されているお気に入りワード

寺嶋陸也  

山内房子  

「お気に入り登録」をすると登録いただいたアーティストやチーム、イベント等の関連情報がメールであなたのお手元に届きます。

詳しくは>>「お気に入り登録」とは

誰でもどんなイベントでもチケットが売れる!
どこよりもスピーディーでお手軽なチケット委託販売サービス
>>e+WEBオープンシステム

関連ジャンル

声楽/合唱現代音楽

ご注意
  • 公演内容は予告なく変更する場合があります。お申し込みの前にいま一度内容をご確認ください。
  • このページにリンクを張るには、リンク用URLをご利用ください。 ブラウザのアドレスバーに表示されているURLは無効になる場合があります。
  • 受付状況はリアルタイムに反映されない場合があります。
  • 公演期間は最も早い日付と最も遅い日付を表示しています。期間内毎日公演があるという意味ではありません。