能を知る会 鎌倉公演 朝の部

 
能を知る会 鎌倉公演 朝の部 のチケット情報です。
次へを押すと、席種・料金や販売方法の確認、チケットの購入ができます。

公演画像

公益財団法人鎌倉能舞台

梅雨の時節、6月2日土曜日の県民のための能を知る会朝の部は、雅楽の楽人であった夫を殺された恨みを、太鼓を打つことにより晴らすという、一風変わった仇討ちの曲「富士太鼓」を上演致します。 本曲では妻だけでなく子供も都まで連れて行き、母子ふたりで太鼓に恨みを込めるという脚本なため、子方という子役が舞台に登場します。まだ夫の死を知らない都への道中、役人により死を知らされ愕然とする胸中、形見と対面しての狂気と、次第に移り変わる妻の心境が見ものです。また、夫の形見の舞装束を身に着け狂気する妻と、どこか冷静な子という構図もなかなかに面白いです。 狂言は「膏薬煉」という、鎌倉と京都の薬屋がそれぞれ、自分の薬の効能の方が優れていると競い合う内容となっております。

能「富士太鼓【ふじだいこ】[Fujidaiko]」
 萩原院(花園天皇)の御時、内裏において七日間の管弦の会が催され、天王寺の「浅間」という楽人が太鼓の役に任命された。一方、住吉に住む「富士」という楽人も役を望み、都へと上った。管弦の役は浅間に決まったが、富士の振る舞いを恨み、浅間は富士を殺してしまった。凶夢を見た富士の妻(シテ)は夫を心配し、娘(子方)を連れて住吉から都に上る。都に着いた妻は、夫の不慮の死を朝廷の臣下(ワキ)から伝えられ、嘆き悲しむ。妻は、渡された夫の形見の鳥兜と舞装束を身につけ、心を乱す。夫の死は太鼓の為と、太鼓を敵に見立て、娘に打たせる。しかし気の晴れない妻は、さらに狂気を加速させ、自ら撥【ばち】を持って散々に太鼓を打ち、夫の如くに楽を舞って亡夫を慕う。やがて妻は舞装束を脱ぎ、恨みの太鼓も夫の形見であると思い直し、太鼓に別れを告げて立ち去るのであった。

 

関連資料

公益財団法人鎌倉能舞台

 
リンク用URL
 

「富士太鼓」仇討ちの能

会場 公演日 受付期間 受付状況  

鎌倉能舞台 (神奈川県)

18/6/2(土)

 

18/2/8(木)10:00〜18/5/31(木)18:00 一般発売

一般発売・受付期間終了

出演: 解 説:中森貫太 
シテ方:中森貫太、駒瀬直也、奥川恒治、遠藤喜久、佐久間二郎、小島英明、桑田貴志、中森健之介、河合美紀
子 方:富坂 唐
ワキ方:野口能弘
狂言方:大藏吉次郎、大藏教義、宮本 昇、榎本 元
笛 方:寺井宏明
小鼓方:久田陽春子
大鼓方:柿原光博
曲目・演目: 解説:仇討ちの能 中森貫太
狂言:膏薬煉【こうやくねり】 大藏教義 他
能 :富士太鼓【ふじだいこ】
   シテ:中森貫太、子方:富坂 唐、ワキ:野口能弘、アイ:大藏吉次郎
   笛 :寺井宏明、小鼓:久田陽春子、大鼓:柿原光博
抽選方式 先着順 当日引換 会員(入会/更新)

「お気に入り登録」をすると登録いただいたアーティストやチーム、イベント等の関連情報がメールであなたのお手元に届きます。

詳しくは>>「お気に入り登録」とは

誰でもどんなイベントでもチケットが売れる!
どこよりもスピーディーでお手軽なチケット委託販売サービス
>>e+WEBオープンシステム

関連ジャンル

邦楽/雅楽/伝統音楽

ご注意
  • 公演内容は予告なく変更する場合があります。お申し込みの前にいま一度内容をご確認ください。
  • このページにリンクを張るには、リンク用URLをご利用ください。 ブラウザのアドレスバーに表示されているURLは無効になる場合があります。
  • 受付状況はリアルタイムに反映されない場合があります。
  • 公演期間は最も早い日付と最も遅い日付を表示しています。期間内毎日公演があるという意味ではありません。