小倉貴久子の《モーツァルトのクラヴィーアのある部屋》第33回

 
小倉貴久子の《モーツァルトのクラヴィーアのある部屋》第33回 のチケット情報です。
次へを押すと、席種・料金や販売方法の確認、チケットの購入ができます。

公演画像

E.T.A.ホフマン

小倉貴久子の《モーツァルトのクラヴィーアのある部屋》には毎回、モーツァルトと関わりのある作曲家をひとりずつゲストとして迎えます。モーツァルトとゲスト作曲家等のクラヴィーアのソロ作品、またピリオド楽器奏者と共にお届けする室内楽、連弾、歌曲などなど、お話を交えながらのコンサートです。18世紀にタイムスリップしたかのようなひととき、《モーツァルトのクラヴィーアのある部屋》にみなさまをご案内いたします!

《第33回》E.T.A.ホフマン
 ドイツ・ロマン派を代表する文学者エー・テ−・ア・ホフマンの同時代作曲家への的を射た音楽批評は、今でも引用されています。小説『クライスレリアーナ』はピアノ曲「クライスレリアーナ」を生み出すインスピレーションをシューマンに与えました。本職は裁判官でしたが、その多才さは驚くばかりで、歌劇場の演出や画業までこなしました。しかし彼にとっては音楽こそが特別で、音楽家として名を残すことが夢でした。親が名付けたキリスト名を「アマデウス」に自身で差し替えるほどのモーツァルト好き。特に第39番変ホ長調のシンフォニーがお気に入りで、ホフマンはこれに倣ってシンフォニーを書いています。
 バンベルクの劇場で作曲家として雇われていた時に書かれた充実のピアノトリオ、モーツァルトへの憧憬を感じさせるソナタと共に、ドラマティックなヴァイオリンソナタK.379、ミューズの微笑みを感じる端正な佇まいと美の調和のトリオK.542をお楽しみいただきます。 

 
 
リンク用URL
 

(E.T.A.ホフマン)

会場 公演日 受付期間 受付状況  

東京オペラシティ 近江楽堂 (東京都)

18/8/6(月)

 

17/11/4(土)10:00〜18/8/4(土)18:00 一般発売

一般発売・受付期間終了

出演: 小倉貴久子(クラヴィーア)
丸山韶(ヴァイオリン)
島根朋史(チェロ)
曲目・演目: E.T.A.ホフマン:クラヴィーアトリオ ホ長調 AV52/クラヴィーアソナタ イ長調 AV22/
W.A.モーツァルト:小品 へ長調K.15v/ヴァイオリンソナタ ト長調K.379/クラヴィーアトリオ ホ長調K.542
抽選方式 先着順 当日引換 会員(入会/更新)

この公演に登録されているお気に入りワード

小倉貴久子  

丸山韶  

島根朋史  

「お気に入り登録」をすると登録いただいたアーティストやチーム、イベント等の関連情報がメールであなたのお手元に届きます。

詳しくは>>「お気に入り登録」とは

誰でもどんなイベントでもチケットが売れる!
どこよりもスピーディーでお手軽なチケット委託販売サービス
>>e+WEBオープンシステム

ご注意
  • 公演内容は予告なく変更する場合があります。お申し込みの前にいま一度内容をご確認ください。
  • このページにリンクを張るには、リンク用URLをご利用ください。 ブラウザのアドレスバーに表示されているURLは無効になる場合があります。
  • 受付状況はリアルタイムに反映されない場合があります。
  • 公演期間は最も早い日付と最も遅い日付を表示しています。期間内毎日公演があるという意味ではありません。