能を知る会鎌倉公演 色づかない紅葉-和歌の徳-

 
能を知る会鎌倉公演 色づかない紅葉-和歌の徳- のチケット情報です。
次へを押すと、席種・料金や販売方法の確認、チケットの購入ができます。

公演画像

(C) 2017 鎌倉能舞台

11月25日の県民能は「紅葉」をテーマにした秋の名曲をお楽しみ頂きます。 午後の部の能は、金沢区にある称名寺を舞台とした「六浦(むつら)」をシテ奥川恒治師で、狂言は「無布施教(ふせないきょう)」を上演いたします。 解説&終演後の質疑応答もございます。能にはわかりやすい字幕解説(日本語・英語)をモニターに写し出しますので、初めて能楽に触れる方にもお勧めです。

能「六浦(むつら)」あらすじ:
 東国修行の僧が、相模国六浦の称名寺に参詣した。境内を見ると、山々は紅葉しているが、境内の一本の楓だけが青いまま残っているのを不思議に思い、通りかかった女にそのいわれを尋ねる。女は昔、鎌倉中納言為相【ためすけ】卿がこの寺に参詣した際、この楓だけが先に紅葉して為相卿をもてなし、それを見た為相卿が詠んだ
 「いかにして この一本に しぐれけん 山に先立つ 庭のもみじ葉」
という和歌に感じ入った楓がそれ以降に紅葉することをやめたと語る。
 そこで僧が回向の和歌を手向けると女は喜び、我こそがその楓の精だと名乗って姿を消す。
  その夜、僧が境内で読経していると楓の精が現れる。そして精霊は草木の事を語り、報謝の舞を舞うが、やがて夜明けと共に消え失せる。

 

関連資料

(C) 2017 鎌倉能舞台

 
リンク用URL
 

午後の部「六浦」

会場 公演日 受付期間 受付状況  

鎌倉能舞台 (神奈川県)

17/11/25(土)

 

17/6/14(水)10:00〜17/11/25(土)13:00 一般発売

一般発売・受付期間中

手数料0円 支払い&受取りはファミリーマートまたはセブン-イレブンになります

スマホアプリ受取可能!

出演: 解説:中森貫太
狂言方:善竹十郎、善竹富太郎、善竹大二郎 他
シテ方:中森貫太、奥川恒治、駒瀬直也、遠藤喜久、鈴木啓吾、永島 充、佐久間二郎、小島英明、中森健之介
ワキ方:野口能弘、野口琢弘
笛方:竹市 学 小鼓方:幸 正昭 大鼓方:大倉慶乃助 太鼓方:林雄一郎
曲目・演目: 解説:「色づかない紅葉〜和歌の徳〜」 中森貫太
狂言:「狐塚(きつねづか)」 善竹十郎 他
能 :「六浦(むつら)」
    シテ:奥川恒治 ワキ:野口能弘 他
    笛:竹市 学 小鼓:幸 正昭 大鼓:大倉慶乃助 太鼓:林雄一郎
抽選方式 先着順 当日引換 会員(入会/更新)

このマークのある公演は、支払・受取方法をファミリーマートまたはセブン-イレブンにすると手数料が0円になります。

詳しくは>>手数料をお得にするには

「お気に入り登録」をすると登録いただいたアーティストやチーム、イベント等の関連情報がメールであなたのお手元に届きます。

詳しくは>>「お気に入り登録」とは

スマチケ受取りなら、チケット購入から入場までスマホで全て完結!

あなたのスマホがチケットになる発券手数料0円のサービスです!

誰でもどんなイベントでもチケットが売れる!
どこよりもスピーディーでお手軽なチケット委託販売サービス
>>e+WEBオープンシステム

関連ジャンル

邦楽/雅楽/伝統音楽

ご注意
  • 公演内容は予告なく変更する場合があります。お申し込みの前にいま一度内容をご確認ください。
  • このページにリンクを張るには、リンク用URLをご利用ください。 ブラウザのアドレスバーに表示されているURLは無効になる場合があります。
  • 受付状況はリアルタイムに反映されない場合があります。
  • 公演期間は最も早い日付と最も遅い日付を表示しています。期間内毎日公演があるという意味ではありません。