能を知る会東京公演

 
能を知る会東京公演 のチケット情報です。
次へを押すと、席種・料金や販売方法の確認、チケットの購入ができます。

公演画像

公益財団法人鎌倉能舞台

16歳の若さでこの世を去った、「青葉の笛」で知られる平敦盛を風雅な公達として美しく描いた能「敦盛」を上演致します。 我が子と同じ16歳の敦盛を討ったことを悔み、出家をした熊谷次郎直実の弔いにより成仏するという皮肉な運命の修羅物です。 前場に登場するシテ方は全員面を使用しない直面と呼ばれる形で登場し、青葉の笛を始めとし、小枝【さえだ】、蝉折【せみおれ】など笛の名前をあげていきます。 後場では当時の姿で若き武将、敦盛の亡霊が現れ、都落ちから一の谷へ向かう物語を舞い示し、さらには陣内での酒宴の様も表します。 修羅物と呼ばれる能のうち、舞を舞う珍しい曲となっております。 狂言は野村萬斎師の御子息、野村裕基師に狂言「清水」を演じて頂きます。

源氏の武将・熊谷次郎直実【くまがいのじろうなおざね】は、一ノ谷の合戦の折り、まだ年若い平敦盛【たいらあつもり】を討ち取った自責の念から出家し、蓮生【れんせい】と名乗る法師となった。
一の谷へ敦盛を弔うために訪れた蓮生が昔に思いを馳せていると、笛の音とともに草刈男達が現れる。蓮生が話しかけると、その中のひとりが色々な笛にまつわる話をする。
蓮生が不審に思い問いかけると、男は敦盛に縁のある者なので、十念【じゅうねん】(南無阿弥陀仏と十回唱えること)を祈願する。求められるままに蓮生が経をあげると、男は自身が敦盛だとほのめかし、姿を隠す。
その夜、蓮生が敦盛を回向していると、甲冑姿の敦盛の亡霊が現れる。敦盛は蓮生の読経を喜び、最早敵ではなく友だと喜び、懴悔の物語をする。寿永二年の都落ち、須磨の浦での侘しい暮らし、平家の衰勢を順に語った後、最期を迎える前夜、陣内にて行われた酒宴の様子を舞い示す。
さらに、一の谷の合戦において、熊谷次郎直実に討ち取られた最期の様子を仕方話に語る。やがて、敦盛は蓮生にさらなる回向を頼み、消え失せる。

 

関連資料

公益財団法人鎌倉能舞台

 
リンク用URL
 

青き血潮〜勝修羅物と負修羅物〜 

会場 公演日 受付期間 受付状況  

国立能楽堂 (東京都)

18/6/23(土)

 

18/2/5(月)10:00〜18/6/21(木)18:00 一般発売

一般発売・受付期間中

座席が選べる! 座席が選べます。

スマホアプリ受取可能!

出演: シテ方:中森貫太、中森健之介、観世喜之、観世喜正、駒瀬直也、奥川恒治、遠藤喜久、鈴木啓吾、永島 充、佐久間二郎、小島英明、坂真太郎、桑田貴志、久保田宏二、河合美紀
ワキ方:森 常好
狂言方:野村裕基、野村太一郎
笛方:寺井宏明、小鼓方:鵜澤洋太郎、大鼓方:亀井広忠
曲目・演目: 解説:青き血潮〜勝修羅物と負修羅物〜 中森貫太
仕舞:「箙(えびら)」    観世喜正
   「田村(たむら)キリ」 中森貫太

狂言:「清水(しみず)」
   シテ:野村裕基  アド:野村太一郎

仕舞:「佛原(ほとけのはら)キリ」 観世喜之

能 :「敦盛(あつもり)」
   シテ:中森健之介 ツレ:小島英明、桑田貴志、久保田宏二
   ワキ:森 常好  アイ:野村太一郎
   笛 :寺井宏明  小鼓:鵜澤洋太郎  大鼓:亀井広忠
抽選方式 先着順 当日引換 会員(入会/更新)

この公演に登録されているお気に入りワード

能を知る会  

「お気に入り登録」をすると登録いただいたアーティストやチーム、イベント等の関連情報がメールであなたのお手元に届きます。

詳しくは>>「お気に入り登録」とは

このマークがある公演は、お客様自身で座席をお選びいただけます。

詳しくは>>「座席選択」とは

スマチケ受取りなら、チケット購入から入場までスマホで全て完結!

あなたのスマホがチケットになる発券手数料0円のサービスです!

誰でもどんなイベントでもチケットが売れる!
どこよりもスピーディーでお手軽なチケット委託販売サービス
>>e+WEBオープンシステム

関連ジャンル

邦楽/雅楽/伝統音楽

ご注意
  • 公演内容は予告なく変更する場合があります。お申し込みの前にいま一度内容をご確認ください。
  • このページにリンクを張るには、リンク用URLをご利用ください。 ブラウザのアドレスバーに表示されているURLは無効になる場合があります。
  • 受付状況はリアルタイムに反映されない場合があります。
  • 公演期間は最も早い日付と最も遅い日付を表示しています。期間内毎日公演があるという意味ではありません。