明之会

 
明之会 のチケット情報です。
次へを押すと、席種・料金や販売方法の確認、チケットの購入ができます。

リンク用URL
 

加藤眞悟 還暦記念公演

会場 公演日 受付期間 受付状況  

国立能楽堂 (東京都)

18/5/5(土・祝)

 

18/2/28(水)10:00〜18/5/4(金)18:00 一般発売

一般発売・受付期間中

座席が選べる! 座席が選べます。

スマホアプリ受取可能!

出演: 解説 表きよし
能「鷺」  シテ加藤眞悟
      ツレ梅若万佐晴
      ワキ森 常好
      笛 松田弘之
      小鼓幸 信吾
      大鼓亀井広忠
      太鼓林雄一郎
仕舞「実盛」 野村四郎
  「弱法師」観世喜正
狂言「蝸牛」 野村万作
仕舞「遊行柳」梅若万三郎
能「伏木曽我」
      シテ加藤眞悟
      ワキ安田 登
      笛 槻宅 聡
      小鼓大倉源次郎
      大鼓大倉慶之助


曲目・演目: 能「鷺」 「鷺」は、元服前か還暦過ぎの者が勤める慣習。純真無垢な精神が大切であるという心が込められた作品。修行の集大成として「鷺」のお許しを頂きました。「

復曲能「伏木曽我」 能が盛んな音阿弥の時代、度々演じられた作品。縁があり故郷の平塚で復曲。(平成28年)武士の苦悩を僧が救う修羅能とは一線を画す。祐成は、自分の墓前で泣く虎御前に「僕は泣いてないよ。虎、大丈夫かい。」という心でそっと現れる。苦難の末敵討ちを果たした、皆に伝えてくれと聞くと虎の夢が覚める。苦しみを最愛の人と共にするロマンスが当時支持され人気曲として上演された。多くの人に知って頂くため再上演。
「虎が雨」とは、祐成の死に虎御前が流した涙をいう。ちょうど現在の梅雨の時期にあたり、夏の季語になっている。初演時謡本「伏木曽我」を千円で販売。
抽選方式 先着順 当日引換 会員(入会/更新)

この公演に登録されているお気に入りワード

野村万作(二世)  

亀井広忠  

梅若万三郎(三世)  

森常好  

大倉源次郎  

観世喜正  

加藤眞悟  

安田登  

松田弘之(能)  

幸信吾  

林雄一郎  

梅若万佐晴  

「お気に入り登録」をすると登録いただいたアーティストやチーム、イベント等の関連情報がメールであなたのお手元に届きます。

詳しくは>>「お気に入り登録」とは

このマークがある公演は、お客様自身で座席をお選びいただけます。

詳しくは>>「座席選択」とは

スマチケ受取りなら、チケット購入から入場までスマホで全て完結!

あなたのスマホがチケットになる発券手数料0円のサービスです!

誰でもどんなイベントでもチケットが売れる!
どこよりもスピーディーでお手軽なチケット委託販売サービス
>>e+WEBオープンシステム

関連ジャンル

ご注意
  • 公演内容は予告なく変更する場合があります。お申し込みの前にいま一度内容をご確認ください。
  • このページにリンクを張るには、リンク用URLをご利用ください。 ブラウザのアドレスバーに表示されているURLは無効になる場合があります。
  • 受付状況はリアルタイムに反映されない場合があります。
  • 公演期間は最も早い日付と最も遅い日付を表示しています。期間内毎日公演があるという意味ではありません。