「欲望という名の電車」<e+半館貸切公演>

 
「欲望という名の電車」<e+半館貸切公演> のチケット情報です。
次へを押すと、席種・料金や販売方法の確認、チケットの購入ができます。

公演画像

現代アメリカにおける最高の劇作家といわれるテネシー・ウィリアムズの名を 
世界的に高めた不朽の名作『欲望という名の電車』。 
1947年にブロードウェイで初演の幕をあけて記録的なヒットを重ね、 
ピューリッツア賞などそのシーズンのほとんどすべての賞を受賞。 
51年にはヴィヴィアン・リーのブランチ、マーロン・ブランドのスタンリーで、 
エリア・カザン監督によって映画化され、アカデミー賞を受賞するなど大ヒットしました。 

本作の演出を手掛けるのは、14年にロンドンで上演した『TRUE WEST』の劇評が 
各紙で四つ星評価を得て、以降の作品も好評を集め、いま最も注目を集める演出家の一人 
フィリップ・ブリーン。日本での演出家デビューとなった2015年の 
シアターコクーンプロデュース公演『地獄のオルフェウス』で成功を収めた気鋭の英国人演出家が、 
再びテネシー・ウィリアムズの最高傑作に挑みます! 

主演のブランチは、15年の『地獄のオルフェウス』でフィリップとタッグを組み 
その相性は証明済み、02年の蜷川版でも同役を演じた、女優・大竹しのぶが務めます。 
ブランチの妹・ステラの夫で、ブランチを追い詰めていくことになるスタンリーは、 
映像では映画・ドラマ問わず幅広いジャンルで活躍し、2年ぶりの舞台出演となる北村一輝。 
名実ともに日本を代表する2人の俳優が、いよいよ本作で初共演を果たします。 
そして、注目のステラは、ブランチを演じる大竹とは、舞台デビュー作「奇跡の人」 
以来の共演となる、鈴木杏が演じます。子弟から姉妹へ、約15年振りとなる2人の共演にも目が離せません。 

ブランチの脆く繊細な美の世界と、相対するスタンリーの粗野なエネルギー。
それは、生と死、真実と虚偽、脆さと強さなど互いに矛盾する2つの要素が凝集された 「人間」の織り成す光と影です。フィリップ版「欲望という名の電車」の終着駅には 何が待ち受けているのか。どうぞご期待ください。
 
 
リンク用URL
 

12月17日(日)13:30公演、12月23日(土)18:30公演

会場 公演日 受付期間 受付状況  

Bunkamura シアターコクーン (東京都)

17/12/17(日)〜17/12/23(土・祝)

 

17/9/15(金)12:00〜17/9/30(土)18:00 座席選択先着先行

17/10/1(日)10:00〜17/12/20(水)18:00 一般発売

一般発売・受付期間中

座席が選べる! 座席が選べます。

出演: 作:テネシー・ウィリアムズ
翻訳:小田島恒志
演出:フィリップ・ブリーン
美術:マックス・ジョーンズ
出演:大竹しのぶ、北村一輝、鈴木杏、藤岡正明、少路勇介、粟野史浩、明星真由美、上原奈美、深見由真、石賀和輝、真那胡敬二、西尾まり
抽選方式 先着順 当日引換 会員(入会/更新)

「お気に入り登録」をすると登録いただいたアーティストやチーム、イベント等の関連情報がメールであなたのお手元に届きます。

詳しくは>>「お気に入り登録」とは

このマークがある公演は、お客様自身で座席をお選びいただけます。

詳しくは>>「座席選択」とは

誰でもどんなイベントでもチケットが売れる!
どこよりもスピーディーでお手軽なチケット委託販売サービス
>>e+WEBオープンシステム

関連ジャンル

演劇

ご注意
  • 公演内容は予告なく変更する場合があります。お申し込みの前にいま一度内容をご確認ください。
  • このページにリンクを張るには、リンク用URLをご利用ください。 ブラウザのアドレスバーに表示されているURLは無効になる場合があります。
  • 受付状況はリアルタイムに反映されない場合があります。
  • 公演期間は最も早い日付と最も遅い日付を表示しています。期間内毎日公演があるという意味ではありません。