一人ダンス劇『嗚呼、愛しのソフィアンぬ』

 
一人ダンス劇『嗚呼、愛しのソフィアンぬ』 のチケット情報です。
次へを押すと、席種・料金や販売方法の確認、チケットの購入ができます。

公演画像

シルク・ドゥ・ソレイユで850ステージに立った熊谷拓明が、 たった一人、千歳船橋で10日間連続15公演に挑む! 踊る『熊谷拓明』カンパニー最新作!『嗚呼、愛しのソフィアンぬ』

昼間の日が届かなくなったアーケード。
閉じたシャッター達の憂鬱な顔が並んでいる。

奥の奥の一つからホロホロと音が漏れてきて、それはいつしか言葉になって、
笑えもしない漫談になった。。。

孤独も不安もジャケットに押し込めて、
今日も独りの幕が開く。

おい!ソフィアンぬ!お前がいなくても俺は絶対に面白い。。。

熊谷拓明新作一人ダンス劇は
40目前、相方に捨てられた男の心の成長痛を描く。

 
 
リンク用URL
 

踊る『熊谷拓明』カンパニー最新作

会場 公演日 受付期間 受付状況  

APOCシアター (東京都)

17/10/20(金)〜17/10/29(日)

 

17/8/20(日)10:00〜17/10/28(土)18:00 一般発売

一般発売・受付期間終了

出演: 作、演出、振付、出演
熊谷拓明

美術/上領大祐 衣装/山田いずみ 照明/山口明子(Theatre Kanpany) 音響/余田崇徳
演出助手/村山香菜 制作/水谷亮子 
楽曲提供/サトウリュースケ スペシャルサンクス/菅隆司(Theatre Kanpany)
宣伝美術/タラコデザイン 宣伝写真/中村紋子
協賛/タラコデザイン
曲目・演目: 熊谷のダンス劇とは。。。
形にならない踊り、するすると語られる言葉、妙にひびく歌声。
これらが順不同に現れて、時に全てが混在し、やがて全てが消えていく。
ドラマチックとはかけ離れた静かな物語の根底には、熊谷の『幸せ』へのためらいや、疑問が垣間見える。その『照れ』ともとれる表現が、観る者に程よい幸福感と切なさを残す
抽選方式 先着順 当日引換 会員(入会/更新)

この公演に登録されているお気に入りワード

熊谷拓明  

「お気に入り登録」をすると登録いただいたアーティストやチーム、イベント等の関連情報がメールであなたのお手元に届きます。

詳しくは>>「お気に入り登録」とは

誰でもどんなイベントでもチケットが売れる!
どこよりもスピーディーでお手軽なチケット委託販売サービス
>>e+WEBオープンシステム

ご注意
  • 公演内容は予告なく変更する場合があります。お申し込みの前にいま一度内容をご確認ください。
  • このページにリンクを張るには、リンク用URLをご利用ください。 ブラウザのアドレスバーに表示されているURLは無効になる場合があります。
  • 受付状況はリアルタイムに反映されない場合があります。
  • 公演期間は最も早い日付と最も遅い日付を表示しています。期間内毎日公演があるという意味ではありません。